上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.09 妻のタメ口は発展途上。ヨンソCP第18話。
yongseo18-1.jpg

ヨ~ン、白い制服が似合う…
そんなこんなで(?)キャプが多くなって、UPが遅れました~!


前回、運転免許場内技能試験に、仲よく不合格だった夫婦。ヒョヨンちゃんのおもてなしで、公園でお疲れ様ピクニックです。
芝生にシートを敷いて、ヒョヨンちゃんが準備してきたサンドイッチを食べます。

yongseo18-2.jpg

弟「すごい腕前ですね」
姉「…」
妻「でもオンニ、このパンはどうやって作ったんですか?」
姉「…」
夫「なんでもお上手だ。運転も…」
姉「…」

ヒョヨンお義姉さんが無言の理由。それは…サンドイッチが手作りではないからよね:)
スタジオではミソンオンニが「あれ、私がよく買って食べるパンだけど~?」って。

夫「空はこんなに青いのに、心は暗いぞ」
弟(兄貴にジュースを注いでやって)「飲んで酔え」
妻&姉「:D」
夫(ジュースを飲んで)「ううう~~~ん!」←酔ってるふり?
姉「乾杯しないと。乾杯!彼らのなぐさめになるよう」
妻「次に合格するように」
夫「次の合格のために!」

4人で乾杯をした後、ジョンシン君が、合格すると思って兄夫婦に用意したプレゼントがあると言います。

ジョンシン君自分で箱に入れてラッピングしたみたい。
車を買ったら必要なものを詰め詰めしてきたそうで…
まずは、「ヒョンの部屋にあった」という小さな写真立て。

yongseo18-3.jpg


日の出旅行の時の写真ですね?これがヨンファ君の部屋に!?
それを知った時のソヒョンちゃんの、ちょっと反応に困った顔が可愛い。

yongseo18-4.jpg

それから、車に貼る夫婦のイニシャルのステッカー。
さらにヨンファ君が「これを見ると胸が痛いんだけど」と言う、運転用の手袋まで。
早速手袋をしてお菓子の袋を開けてみるソヒョンちゃん。滑り止めがついてるから、即開いて感激してます(笑)
ヨンファ君もプレゼントの入ってた箱を手袋をした手のひらで持ち上げて、「すべらない」って。
その後、「これがハンドルだったらどれだけいいかな」って自分で言って凹んで、妻も再び凹みます。

yongseo18-5.jpg

立派なカメラを構えるジョンシンチング。不合格記念の写真?
妻「どんなコンセプトで撮りましょうか」
姉「私は今、石に乗り上げた。線を通過できなかった(?)っていう表情」
妻「ああ~…!」
弟「ヒョンは時間超過しちゃった(時の表情で)」
夫「なんだと!」

弟の言葉に、なぬっ!と驚いて思わず体を起こす兄貴。
そして2人の顔はこんな感じで。

yongseo18-6.jpg

yongseo18-7.jpg


そしてついに来ました、罰ゲームのお時間です。
姉「そろそろ罰ゲームやらないと!罰ゲーム。ソヒョンから…」
妻「なんで…!」
夫「ソヒョンから、じゃないだろー」
姉「一緒に(同時に)やる?それなら」
夫「ソヒョンの罰ゲームだろ?」
姉「No,Man~!!」
夫「Why,girl~??」

…あのですね。前回辺りからたびたび思うのですが。ヒョヨンちゃんは可愛いし、裏表ない感じで好きですが。ソヒョンちゃんの前でそんなに気安く息の合った会話を交わしたらダメなの。
「ソヒョンちゃんが凹むでしょ~!(怒)」とかそういう妄想では全然なく、勝手な一視聴者であるマカが見たくない、というだけの事情(笑)


姉「罰ゲームは罰ゲームよ。ヨンファにタメ口で話して」
妻「…」
姉「面白い面白い♪」
妻「…」
弟「どうしてタメ口になさらないんですか?結婚もなさったのに」
夫「してみて。なんでだよ」
妻「うーん…」←まだ決心できず。

そこでジョンシン君になにやら耳打ちしたヒョヨンちゃん。賛成するように頷くジョンシン君。

姉「こうなったついでに、無礼講にしよう!」
夫妻「…??」
弟(兄貴に)「夫人がいて嬉しいか?」
夫「…」
妻&姉「:D」
夫「ジョンシン兄貴(ヒョン)」←これじゃ無礼講じゃなくて下剋上(爆)
弟「ウェー(なんだ)?」
夫「『ウェー』?!」

ソヒョンちゃん、あまりに自然なジョンシン君の、兄貴へのタメ口に笑います。
しかしまだ続く、ジョンシン君のタメ口。

弟「今日落ちたんだってな」
夫「!…」
妻「:D」
弟(ソヒョンちゃんに)「ホントに丁寧語(??)一度も使ったことないんです…ないの?」

ジョンシン君のおかしな言葉に笑うヒョヨンちゃん。
弟(再びソヒョンちゃんに)「僕らは同い年だろ?」
妻「そうだね」

年齢ってそんなに重要かな。同い年だから、そんなに親しくないジョンシン君にはすぐタメ口ができて?今や夫婦として仲良しのヨ~ンには、彼が年上だからタメ口が難しい?
日本人には理解しにくい、その気持ち。体育会系の発想に近いな、とか言ったら儒教だよ!って怒られそうだけど。

ソヒョンちゃん同い年のジヌン君とはタメ口で話すらしい。
ソヒョンちゃん@インタビュー。
スタッフに促され、パンマル予行練習をします。
「ありがとうございます…ありがとう」
「ご飯食べた?昨日なにしてた?…今日何時に戻るの~…長芋リンゴシェイク作っておこうか~?
…ああ~ハイ~…」

そうしていよいよ実践です。

夫「いっぺんやってみて」
妻「……アンニョン!」
夫「:Dアンニョーン」
姉「これ(ミニトマト)を1つ刺して、ヨ~ンの口へ入れてあげて、『モゴ~(食べて)』ってして」

戸惑いつつ、姉の言うままにトマトを夫の方へ差し出すソヒョンちゃん。
「モゴォ~…」と言ってみたものの、なんだか毒でも入ってそうな雰囲気。負のオーラにヨンファ君「怖い~」と。

yongseo18-8.jpg

姉「可愛くやらないと。可愛い顔でー」
ということで今度はにっこりして。

「モーゴォ!」

やや威圧的ではありますが、ヨ~ンはそれなりに嬉しかった様子。トマトを食べます。

姉「オッパ喜んでるわ。大丈夫よ」
夫(ソヒョンちゃんに)「そんなに(タメ口が)大変か?」
妻「大変…」

ヨンファ君@インタビュー。
スタッフが、予想してた結果かと尋ね。
「違うけど…:)」
でもタメ口を聞けて嬉しいかという質問には。
「タメ口を聞けたから嬉しいんじゃなくて…もっと近づいた感じがして嬉しいです。お互い気楽になっていくのはいいことですから…もう一段階、上がらないと!」

一方ソヒョンちゃんのインタビュー。
「私が尊敬語すぎたみたいです…今まで。壁に(向かって)タメ口を続けないと」

yongseo18-9.jpg

「アンニョーン」「クレ(そう)…」
これからも努力は続く、ということでいいのかしら?頑張れ、ヒョ~ン。

そしてお次はヨンファ君の番。
ヒョヨンちゃんが、用意した衣装を取り出そうとすると、立ち上がり。遠巻きに衣装公開を眺めます。

yongseo18-10.jpg

こんな顔ㅎㅎ

yongseo18-11.jpg

でもこの衣装悪くない。ネーム入りだし。似合いそうだし。下は膝までくらいの丈のパンツ。ドラマの女装より全然マシだよ。

弟「いいですよ」
姉「羨ましくない?」
弟「羨ましいです!」←兄貴をのせる作戦か?
姉「でしょ?!」
妻「似合いそうだけど?」
弟「羨ましいです」
夫「……いっぺん着てみようか?」←簡単にひっかかった。

まずはその場でジャケットを羽織ってみます。サイズはぴったり。ヨンファ君、まんざらでもなさそうです。そうして本格的に着替えに、トイレへ走る。
「着いてくるなー!」って誰も追いかけてない(笑)

ヨ~ン不在の間、同い年のジョンシンチング相手にパンマル練習に勤しむソヒョンちゃん。

妻「他のメンバー達は元気?」
弟「ハイ、ああ…」
姉「:D」
妻「あなたがそれじゃダメよ~~!!」
弟「最近は…忙しい?」
妻「CF撮影がすごく沢山あって」

と、そんな話をしている間に、トイレで着替え終わった夫。

yongseo18-12.jpg

ほら、普通に似合ってる。ハンサムって、これだから…(笑)
スタジオのジョンミンオッパも、似合うと感心しています。

ジョンシン君は兄貴を迎えに行ったのかな?
2人が戻って来ると、妻&義姉は既に『願いを言ってみて』をラジカセで流して、罰ゲームの予行練習(?)中。
ヨンファ君は苦い表情で妻のもとへ。

夫「これが少女時代か?軍人だろ」
妻&姉「:D」
妻「帽子もかぶらないとー…」←タメ口です。
夫「もう一回言ってみて」
妻「帽子もかぶんないとー!」…ちょっと慣れた?
夫「:)そうしないとなー?」

じゃあ行くわよ!とラジカセを肩に担いだ(笑)ヒョヨンちゃん。しかしいざ歌が始まると、音量がでかすぎたのか音が割れまくって、皆(本人も)びっくりです。
それから~
ヨンファ君は小さな木製のステージに上が(らされ)る…

「これがいいのか?!これが見たいのか?」としきりに不満を口にするヨンファ君だけど。
下で見てる妻と義姉は楽しそう。ジョンシンくんはやや気の毒そうにはしていますが、その手にはちゃんとカメラが。

まずはステージ下でダンス講習を受け(させられ)ます。

yongseo18-13.jpg

「あ~!俺今なにやってんだ?」とかブツブツいいながらも、結局はやるのさ。
「クレ!ハジャ(やるよ)!」とステージに上がります。

表情演技をしろとか、歌に合わせて口パクをして、とか言われながらも、教わったダンスをする夫。

yongseo18-14.jpg

ダンスは…まぁ上手ではないけど、なぜか表情だけはけっこうその気?
受けまくる妻&義姉。写真を撮っていたジョンシン君は、カリスマ(だったはずの)兄貴の姿を見ていられず、一度退避。戻ってきてこの表情。

yongseo18-15.jpg

ソヒョンちゃんは大喜び。

yongseo18-16.jpg

終わるとヨ~ンはこんな(爆)魂抜けとる(爆)

yongseo18-17.jpg

ヨンファ君@インタビュー。
「あうー…喜んでくれたならいいですよ、ただ」←この時のテロップは『解脱』(爆)
「そうでなくても(試験に)落ちて凹んでたでしょうから…心行くまで笑えよ。ヒョ~ン思いっきり笑えって」


こうして2人の罰ゲームは終了し、パーティーをしてくれたヒョヨンちゃんにお礼を言う夫妻。
ジョンシン君は兄貴用の制服を着て記念撮影~
やっぱり着たかったのね。

yongseo18-18.jpg

ジョンシン君、この髪型だと진짜 여자같다!
ヨ~ンも記念写真を撮って。


インタビュー@ソヒョンちゃん。
夫にタメ口で、激励のビデオレターです。
「…ぃよ~ん!…本当に残念なことに落ちたけど、とても悲しい気持ちは分かって…るから~^^
でも本当に(平行駐車)以外は全部上手だったから。きっと!早く合格できるよう~に↑ファイティン!」

あ~可愛い…可愛いなぁ…25日に会えるのね~ソヒョンちゃんLove!相変わらず怪しい私orz


そうして3週間後、果たして夫婦は再試験に合格したのでしょうか。
久しぶりに新居で夫婦水入らず。
声帯結節を患った夫を気遣うソヒョンちゃん。

妻「喉が痛いんですから私が作ってあげます」
夫「なに作ってくれるんだ?」
妻「んー喉にいい…カリン茶!」

とカリンの瓶を冷蔵庫から取り出す妻に、「クレ?」と嬉しそうな夫。座って待っててくださいと言われ、ソファで待ちます。

妻「カリンをたくさん~…」
夫「:)」

yongseo18-19.jpg

カリン茶の入ったマグカップをかき混ぜながら持ってくるソヒョンちゃん。

夫「もう出来たのか?」
妻「はい!」
夫「1分も経ってないぞ?」
妻「そうですか?」
夫「うん」

夫にカップを渡す前に温度を確認します。

妻「熱すぎます。熱いと喉によくないから」
夫「飲んでみる飲んでみる」
妻「ダメですよー」
夫「飲んでみる」←飲みたくてしょうがないのね、ヨ~ンてば。

駄々っ子な夫に、妻は「じゃあこれで少しずつ飲んでください」とスプーンで飲むように言います。
言われた通りスプーンで飲む夫。

夫「おお~う」
妻「味薄いでしょう」
夫「美味いよ?」
妻「ホントですか?」
夫「マジで美味い」
妻「ホントですか?うう~ん♪」

ヨンファ君は弟のくれた、運転用のあれこれプレゼントを眺めています。
「胸が痛いな…」

その言葉に「なんで胸が痛むんだろう」と言いながら、もしや…また、とスタジオ面々は心配顔です。

妻「運手免許はまた受けましたか?」
夫「受けたさ」
妻「ホントですか?」
夫「当然だろ」
妻「私も受けました」
夫「まさか落ちたとかじゃないよな?」
妻「…」
夫「…今度はなんで落ちたんだ?」
妻「あー…」
夫「だから充分な練習のみが生きる道なんだって!」

ヨンファ君の口ぶりでは、自分は受かった感じ?

妻「あう~…本当に胸が痛い」
夫「また落ちると思ってたよ(?)あうー…」
妻「あの時、曲線(S字)で縁石に上がったじゃないですか」
夫「うん…」
妻「それがすごく怖かったんです~」
夫「うん」
妻「曲線に行ったんですけど、脱線しました」
夫「:D」

慎重になりすぎて、一度脱線した後慌てちゃったらしいのね。それで次々5点減点を受けて…
で、加速コースでも失敗を?
結局不合格…残念。
傍にいるのはマネージャーオッパかな?
「あいごぉ~~~~~!おっとけーー!助けてください~~~!」となぜか走り出すトラック少女の後ろ姿です。

yongseo18-20.jpg

夫「じゃあ俺は誇らしいのを見せてやらないとな」
妻「見せてください……いいなぁ!」

ヨンファ君は何かを取り出してきて、妻に見せます。
受かったんじゃない!?と盛り上がるスタジオでしたが…

yongseo18-21.jpg

妻「なんですか?これ」

願書には前回と同じ不合格の判子が。

妻「ホントですか?」
夫「…お?」
妻「なんでですか?」
夫「…お前が落ちると思ってさ」
妻「ウソだ~!ホントにですか?」
夫「俺、ホントにどれも簡単に通過したんだ!俺は100点だ!って…」
妻「はい」
夫「また(平行駐車で)音が鳴らなかったんだよ!マジで!」
妻「:Dホントですか?!」

そこでヨ~ンの再試験時のVTRが出ますが、本当に最初に試験の時とまったく同じ。
ただヨ~ンの凹み具合だけが前回よりも深い(笑)

夫「うう~~~」
妻「胸が痛い、本当に」
夫「イ・ジョンシンはなんでこんなもの買ってきて…!」と、弟にやつあたり。
妻「とにかく…早く忘れて、必ず(免許)とりましょう!」
夫「とろう」
妻「どうか……ああ~…(ため息)」

そしてふと思い出したように言うソヒョンちゃん。

妻「あ、私あれ見ましたよ」
夫「なにを」
妻「指輪事件」
夫「:)…その話はしたくないな(?)」
妻「どうなったんですか?説明してください」
夫「俺は絶対カメラを逃さない」
妻「はい。こうやって…」
夫「:D(カメラに)全神経を使ってたんだ。でも、カメラを見てたら…コツンて音がしたんだ」

それは歌番組放送中のこと。

yongseo18-22.jpg

この時は確かにあったカップルリングが…

yongseo18-23.jpg

この時にはない!

yongseo18-24.jpg

ジョンヒョンだけ映ってると思い、床に視線を落とし探す様子をカメラはばっちり捉えていました。
それから再びカメラ目線に戻るヨンファ君でしたが、いつもほどのカリスマはなく、歌詞もちょっと間違えて。
曲が終わった途端。

yongseo18-25.jpg

こんなん。

スタジオは盛り上がります。
ナヨン「…放送なのに」
スロン「でも奥さんの(?)指輪が落ちたからと~」
ミソン「すごく可愛いわ~」
一同「カッコいいな~」
ジョンミン「でも見つけたんですね!」

再び本人の口から語られる指輪事件。

夫「ジャーンて曲が終わって。見つけたんだ。こうなってただろ?それがこう離れちゃったんだ」

安い指輪だから円型になってたわけじゃなくて、もともと切れ目(?)があったのね。そこが落ちた衝撃で開いちゃったと。
だからグルーガン(接着剤。樹脂を溶かしてくっつける道具。銃みたいな形してるからガン)でくっつけたんだと話すヨンファ君は。その指輪を妻に見せます。
変わり果てた指輪に哀切の表情の妻。

夫「これが指輪か!?」
妻「:D」
夫「これが指輪かよ?:D」
妻「私はですね!ステージが終わったら、ないんですよ!この丸い粒(指輪の宝石の部分ね)がなくなってたんです」
夫「マジで?」
妻「はいー…ずっと探したんですけど、それが見つかるはずもないじゃないですか…」
夫「そうなのか?」
妻「これは(今ついてる宝石は)ネイルアート用のです。キュービック」
夫「でもぴったりだな、サイズが」
妻「でしょう?」

夫の指輪にだけじゃなく、妻の指輪にも危機はあったんですね。

妻「ご苦労様でした~」
夫「ああ、おつかれ」
妻「でも…感動でした。指輪をずっと探してくださって」

その言葉がヨンファ君も照れくさかったのかな?ソヒョンちゃん肘でつついて、嬉しそう。

yongseo18-27.jpg

ソヒョンちゃん@インタビュー。
「立場を入れ替えて考えてみれば…私だったら果たしてどうしたかなと。だから…私ももし、放送中にそうなったら…探すかも、とそんなふうに思いました。グルーガンでどうやってくっつけたんだろう?と思ったし、なんでグルーガンを持ってらっしゃるのーとも思って…。とりあえず、指輪をそれくらい考えていたということが、ただとてもありがたかったです」

夫「後々、(この指輪を)子供に譲るべきだな」
妻「:)はんだづけしないと。はんだづけ」

ソヒョンちゃんの言葉に笑って、咳込んじゃうヨンファ君。
すると…

yongseo18-28.jpg

夫の肩をポンポンとするソヒョンちゃん。

夫「あの時、本当に喉の調子がよくなかった」
妻「うーん」
夫「真剣に、あの時(試験落ちた時?)から良いことない」
妻「:D」
夫「胸が痛む…」
妻「あの時以来…ものごとが縺れているようです」
夫「免許落ちたから、喉が痛いんだ」
妻「…あ~」
夫「完璧スランプだ」
妻「そうですね」
夫「…お前はスランプみたいなものが来たら、どうしてる?」
妻「私はですね…外に出かけるのがいいです。音楽を聴きながら公園みたいな場所に行くのが好きです。オッパはどうしてます?」
夫「俺はー…布団をかぶって音楽を聴きながら寝る…」
妻「うわ!ふ~ん…」
夫「…考えてみたら、お前なんで丁寧語使ってるんだ?」
妻「!そうだ…あ~…」
夫「タメ口しないと」
妻「기다려보오(お待ちなされ)~!?」←タメ口か?これは。

爆笑するヨンファ君。
「待ってて」と言いたかったんだけど、力が入ってなんだかおかしくなっちゃったのね。妙な命令形?

それが面白くて何度も「キダリョボォ~」と真似をされ、ソヒョンちゃんは恥ずかしさに「Wait a minute!」と敬語の関係ない英語に逃げて、寝室へ避難~=3

これからもしばらく、ソヒョンちゃんのタメ口奮闘記が見れそう?いつか自然なタメ口が出るようになる日が楽しみです。

夫「天気いいし出かけるか?」
妻「!それいい。じゃあ何したら?」
夫「カッコよくゴルフでもやるか?」
妻「ゴルフ…面白そう」
夫「そこで」とベランダを指さす。
妻「あう~」
夫「どうだ?芝生で…」

ベランダゴルフ?(笑)

夫「バスケ」
妻「バスケ…」
夫「バスケは上手い。バスケは俺がホント…飛びまわってたぞ(?)」
妻「:D」

ヨンファ君、バスケ得意だったのかな?
ゴールリングをぐるぐる回ったボールが、ゴールにストンと入った瞬間をジェスチャーで再現して、その時の歓声がすごかったと。
しかし、喉を心配してヨンファ君のお喋りをちょっと止めるソヒョンちゃん。

妻「面白いんですけど…喉に良くないから」
夫「…」

yongseo18-29.jpg

妻「自転車!」
夫「自転車?自転車あるのか?」
妻「あ~…ないや」

そして閃く妻。
妻「はっ!」
夫「『はっ!』なに?」
妻「ポケットボール?」
夫「あ~!俺ポケットボール、マジで嫌いだ」
妻「なんで:D」
夫「すごく嫌いだ」
妻「なんで?…でも私ポケットボール1回もしたことないです…」
夫「したことないって?」
妻「ポケットボールもビリヤードもボーリングもしたことないです」
夫「俺はホントに嫌いだ。…俺、前に…中学2年の時ポケットボール部に入ってたことがあるんだ」
妻「ふ~ん」
夫「それ以来絶対やらない!」
妻「…私はポケットボールやってみたいのに。でも嫌いだって言うから…」
夫「おおう~…イヤだ。너무 싫어(大嫌いだ)!」

子供みたいな嫌がり方に、笑っちゃうソヒョンちゃん。

夫「友達がビリヤードに行こうって言うのが、本当にイヤだ」
妻「ビリヤード。ビリヤードとは何か」
夫「何か。ビリヤードとは何か…」

というところで今週はおしまい~
ビリヤードしに行くのは次回なのか…

ポケットボール=私達が思い浮かべるポケット(穴)のある台でやるビリヤード。ナインボールとかね。
テーブルの形状が違うキャロムという競技もあるけど、こっちが韓国では一般的なのでキャロム=「撞球」=ビリヤードと呼ぶのかな。よく分かんないけど多分そんな感じ(笑)

他の夫婦にも言えることですが、特にヨンソは家でくつろいで、あーだこーだ言ってる時が一番微笑ましいし、可愛い。というか2人きりの時がベスト!免許試験も良いけど2人には今回みたいに沢山会話をしてほしいな~と思ったのでした。

来週は。
ビリヤードでまたまた賭け発生~
負けたらおんぶ?んー?家の前の緩い坂道で?
果たして夫の願いどおりになるのか…

…てか、そもそもヨ~ンはおんぶしたいのか?されたいのか?
予告だとソヒョンちゃんの鞄を首から下げてるけど、自分のリュックは背負ったまま?
てことは、ん~?おんぶされる方?
分っかりっません♪

Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/886-621c2411
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。