上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.06 新居に必要な物は、翼竜とジョンシン?ヨンソ9話目その1
今日のヨンソは盛りだくさん。
最初の頃を思うとずいぶん仲良しになったよねぇ…ソヒョンちゃんがリラックスできてるのが、見てると分かります:)
前回の映画の後、新たなミッションメールを受けた2人。

・夫婦の通帳を作ること。
・(前住人が引っ越したので)新居のリフォームをして、予備夫婦⇒正式夫婦になる準備。

まずは通帳を作るため銀行へ行きますが、2人とも20歳そこそこ。まだまだ銀行には馴染みが薄く、なんだか緊張している様子。銀行は日本と同じシステムね。どんなに空いてても、まずは番号札をとるという…(笑)

窓口に呼ばれ、夫婦の通帳を作りたいと言うヨンファ君。銀行員のお姉さんは、それなら共同名義の通帳というのがあって2人の名前で1つの通帳が持てる、と。ただ共同名義というからには手続きがそれなりに複雑で、預金を引き出すたびに2人一緒でないと駄目だし、どんなやりとりにも2人が身分証を持ってこないと駄目だと。

もうこの辺から夫は眠そう?逆にソヒョンちゃんは、共同名義にすることの長所短所なんかを訊いたりして、興味津々。
お姉さんの話が長びいてくると、もうヨンファ君うなずきはするけど目が死んでる(爆)難しい話は苦手なのよ、オッパは。
そうして夫が必死で眠気をこらえてるうちに、説明終了。賢い妻が、やっぱり共同名義がいいと思うと言い、ヨンファ君も同意します。
で、書類を記入していると行員のお姉さんがチョン・ヨンファさんは以前釜山にいるとき、うち(の銀行)で通帳を作ったことがあるんですね、とPCの顧客情報を見て言います。
本人知らなかったようで、なぜかあわてる夫。
初めて通帳作るんじゃないだ…とちょこっと沈んだソヒョンちゃんでしたが、どうやらヨンファ君のご両親が彼がまだ未就学の頃に作ってくださった通帳で。またなぜか安心するヨ~ン。お姉さんの言葉のとおりご両親に感謝しないとね。
そして無事共同名義通帳を受け取って、なんか不思議だと言いつつ満足そうな予備夫婦。

その後は、新居へ。
家具がすっかりなくなって、ソヒョンちゃん曰く白いスケッチブックのようになった部屋で、ここにはソファー、テレビ。この部屋には本棚…と夢をふくらませますが。



夢ふくらみすぎだから(爆)

無謀な夢その1、「防音壁にしよう」by夫。
無謀な夢その2、「ベランダは裸足で歩けるように…」と言う夫に、「人工芝敷きましょう!」by妻。
さらに無謀な夢その3、人工芝のついでに「今日‘アバター’を観たから…(ベランダを)アバターっぽくしよう」by夫。

アバターぽいってなにさ?と思ったらば、アバターに似てるジョンシンチングをそこに立たせとくんだって(爆爆)
ソヒョンちゃん夫の話に乗ってあげ、鳥とか翼竜みたいなのをぶら下げて…と言うと、調子に乗った夫は「この中は人間の都市で、扉を開けて出るとアバターの都市なんだ」とかㅋㅋㅋㅋㅋ
必要なものをノートにメモる妻。
妻「…冷蔵庫…?それに人工芝と?」
夫「翼竜。それとジョンシン」
妻「:D」

ここで2人の新しいハイファイブ(意気投合した時にするハイタッチみたいなもの)が見れます。

yongseo9-1.jpg

手を合わせずに、タイミングを合わせて手のひらを横へスーッと動かすんですが。分かりにくいのでスタジオで真似したナヨンオンニとスロン君で図解(というほどのものではない)

yongseo9-2.jpg

はやる予感?

ソヒョンちゃんはインタビューで、心地のいい(清々しい)家がいいと言い。
ヨンファ君は、実は派手(華やかな)なのがいいんだけど妻に合わせたみたいです。最後までその気遣いで、自分の好みを封じることができるでしょーか?


別の日の夜。
駅の前で待ち合わせした2人は、予備夫婦として最後のミッション=日の出を見る旅行に旅立ちます。
スタジオではスロンが、「結婚してないのに一泊なんて…」と。「いけません!」とメラメラするジヌン。
しかし、夜出発して列車に6時間揺られていく旅。要するにどこかに泊まったりとかそういうんじゃないのね。急に安心するジヌン君(笑)

そして列車に乗り込み、旅の始まり~♪

停車中、窓の外から写真を撮ってる駅作業員のおじさんに2人でピースしてサービス。
この2人は他愛のない姿が可愛いね。

列車が動き出して最初の話題は…
夫「この一週間元気だったか?」
妻「はい、どんなふうに過ごしてましたか?」
夫「拗ねてた」
妻「はい?」
夫「…」
妻「一週間拗ねて過ごしたんですか?」
夫「…お前に対して一週間拗ねてたんだ」
妻「なんでですか?」
夫「なんでだと思う?」
妻「?……さあ」
夫「…『さあ』?」
妻「さあ…なんで?」
夫「…ラジオで」

と言う夫のヒントに、ようやく思い当たった妻。
しばらく前のラジオ生放送で、ソヒョンちゃんが昔から理想像だと言ってるジョニーデップの話しになって。MCに、じゃあジョニーデップとチョンヨンファならどっちが好きか、と質問されたんですが…ソヒョンちゃんどちらとも答えられなかったんです。それでヘソを曲げてると言うヨンファ君。

夫「拗ねてるんだぞ」
妻「ジョニーデップ?」
夫「うん」
妻「なんでですか~私ホントにジョニーデップが好きなんですよー」
夫「…そうか」

凹む夫。
いくらジョニーデップが好きでも自分は夫(になる人)なんだから、自分の名前を答えてくれると思ってたらしい。
ソヒョンちゃんもインタビュー部分では、答えられなかった後の放送中なんだか不安になって気になったと話しますが…
それでも昔からずっと好きなジョニーデップなのに一瞬で裏切って、ヨ~ンオッパだとは答えられなかったと。

妻「拗ねてないですよね?」
夫「…拗ねてるよ。機嫌とってくれよ、早く」
妻「え~…そんなことで拗ねたらいけませんよ」
夫「…」

そして何事か考えた妻は、鋭い眼光で夫を見つめ?

妻「じゃあ!…ハリウッドスターの中で一番好きな女優は誰ですか?」
夫「うーん…ジェシカアルバ」
妻「ふーん…私も拗ねました。これでいいでしょ?」
夫「…」←呆れて笑う。
妻「ではこの話はここでおしまい」
夫「なんだよ、それ」
妻「いいじゃないですか、おあいこです」
夫「お前はラジオで答えられなかっただろ?そのせいで拗ねてるんだってば」
妻「…」
夫「俺にもう一度質問してみろよ」

で、ラジオに出演しているつもりの妻MCと、夫ゲスト。

妻「『ハリウッドスターの中で一番好きな女優は誰ですか?』」
夫「『僕はジェシカアルバが…』」
妻「『ではジェシカアルバとソヒョンさんのどちらが好きですか?』」
夫「『ソヒョンさんです』」
妻「『ホントですか?』」
夫「『はい!』」
妻「あ~…」←納得?
夫「拗ねてんだぞ、俺は」
妻「…」
夫「あいこじゃないだろ?」
妻「そうですね…」

と認めたかと思いきや、まだ「でも私本当に本当にジョニーデップが好きなんです」と言うソヒョンちゃん(爆)
こういうところで妙に頑固者ですねぇ。この恋愛慣れしてない感じが可愛くてしょーがないでしょうね、オッパは。

その後はソヒョンちゃん持参のおそろい首枕を使ったり。
yongseo9-3.jpg

イヤホンを右左分け合って、ヨ~ンおすすめの曲を聴いたり。
yongseo9-4.jpg


この2人に面白さを求めなくてもいい気がしてきました。もう普通に仲よくしててください。それで満足です、私(笑)

さて長くなったので、ここで一旦切ります。
この後は、ヨ~ンの読書感想文その2と、ソヒョンちゃんの感想文。さらには心理テストなどが続きます。
お楽しみにん:)







Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/845-8fc98f0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。