上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.18 SUPER JUNIOR ギュヒョン『7年間の愛』を訳してみた。
とうとつに歌詞訳(笑)しかも、特別な理由はありません。ただ好きな歌だからです^^
原曲は95年だそうですが、良い曲はずっと良いですね。
※訳はマカの勝手な意訳です。間違いも多々あるかと…鵜呑みにしないでね。
チルリョンガネ サラン/ギュヒョン(スーパージュニア)
7년간의 사랑/규현(슈퍼주니어)
7年間の愛

 ユ・ヨンソク
~유영석 20周年記念アルバムより~




Live.ver↓


こっちはMV↓(上ふたつの方がお勧めです)




チルリョヌル マンナッチョ
7년을 만났죠
7年つきあったんだ

アムド ウリガ イロッケ
아무도 우리가 이렇게
誰も僕たちがこんなに

シッケ イビョル ハルチュルン モルラッチョ
쉽게 이별 할줄은 몰랐죠
簡単に別れるとは思わなかっただろう

クレド ウリヌン ヘオジョ ボリョッチョ
그래도 우리는 헤어져 버렸죠
でも僕たちは別れてしまったんだ

キン シガン ッサアワットン キオグル ナンギンチェ
긴 시간 쌓아왔던 기억을 남긴채
長い時間 積み重ねた記憶を残して

ウリン オッチョム ノム オリン ナイエ
우린 어쩜 너무 어린 나이에
僕たちがどうして幼すぎる年齢で

ソロル マンナ ギデヌンジ モルラ
서로를 만나 기댔는지 몰라
出会い寄り添うようになったのだろうか

ピョネガヌン ウリ モスプトゥル
변해가는 우리 모습들을
変わっていく自分たちの姿を

カムダンハギ オリョウォヌンジド
감당하기 어려웠는지도
持て余したのかもしれない

イビョルハミョン アプダゴ ハドンデ
이별하면 아프다고 하던데
別れたら辛いと言ったのに

クロンゴット ヌッキルスガ オプソッチョ
그런것도 느낄수가 없었죠
そんなことも感じられなかったんだ

クジョ クニャン クロンガバ ハミョ
그저 그냥 그런가봐 하며
ただこんなものなのかと

タムダムヘンヌンデ
담담했는데
淡々としていたのに


ウロッチョ ウウウ
울었죠 우우우
泣いたんだ

シガニ カミョンソ ネゲジュン アシウメ
시간이 가면서 내게준 아쉬움에
往く時が僕におとした 名残惜しさ

クリウメ ネットゥッカヌン タルン ナエ マムル ポミョンソ
그리움에 내뜻과는 다른 나의 맘을 보면서
恋しさ 僕の思うところとは違う 僕の心を眺めながら 

チョウメン チングロ タウメヌン ヨニン サイロ
처음엔 친구로 다음에는 연인 사이로
はじめは友達で 次は恋人で

ヘオジミョン カッカスロ チング サイラヌン
헤어지면 가까스로 친구 사이라는
別れたらやっと友達だという

クマル チョンマル マンヌンデ
그말 정말 맞는데
その言葉は本当に正しいけれど


クフロ サムニョヌル ポネヌン トンアネド
그후로 3년을 보내는 동안에도
そのあと3年を送る間にも

カックムッシク ソロエゲ ヨンラグル ヘッソッチョ
가끔씩 서로에게 연락을 했었죠
時々お互いに連絡をしていたんだ


タルン ハンサラムル マンナ ットダシ
다른 한사람을 만나 또다시
別の人に出会ってまた

サランハゲ デオッスミョンソド ナン
사랑하게 되었으면서도 난
愛するようになっても 僕は

スルプルッテミョン ハンサン チョナルゴロ
슬플때면 항상 전활걸어
悲しいときにはいつも電話をかけ

ソリ オプシ ヌンムルマン フルリゴ
소리 없이 눈물만 흘리고
音のない涙だけを流し

ノド チョウン サラム マンナヤ テンダ
너도 좋은 사람 만나야 된다
「お前も良い人に会わなきゃな」

マウメド オンヌン マルル ハミョンソ
마음에도 없는 말을 하면서
心にもない言葉を言いながら

アジク ナルル チョアハナ ケニ トルリョ マルヘッチョ
아직 나를 좋아하나 괜히 돌려 말했죠
「まだ僕を好きなのか」と訳もなく遠まわしに言ったんだ


アラヨ ウウウ
알아요 우우우
分かってるよ

ソロ カジャン スンスヘッソントン
서로 가장 순수했었던
お互い一番純粋だった

クッテ クロン サラン タシ ハル ス オプッタヌン ゴル
그때 그런 사랑 다시 할 수 없다는 걸
あのときの あの愛はもう二度とできやしないこと

チュオグロ ナムルップン
추억으로 남을뿐
思い出として残るだけで

カックムッシク チャガウン クエル ヌッキルッテド イッソヨ
가끔씩 차가운 그앨 느낄때도 있어요
時々冷やかな彼女を感じたこともあったよ

ハジマン イジェヌン アム ゴット
하지만 이제는 아무 것도
でも もうなにも

ヨグハルス オプタヌンゴル チャルアルジョ
요구할 수 없다는 걸 잘알죠
要求はできないことは ちゃんと分かっていたんだ


ナ イジェ キョロンヘ クエエ マル トゥッコ
나 이제 결혼해 그애의 말 듣고
「私結婚するの」 彼女の言葉を聞いて

ハンチャムル アムマルド ハルスガ オプソッチョ
한참을 아무말도 할수가 없었죠
しばらくなにも言えなかったんだ

クリゴ ウロッチョ クエ マジマン マル
그리곤 울었죠 그애 마지막 말
それから泣いたんだ 彼女の最後の言葉

サランヘ トゥッコ シットン ク ハンマディ ッテムネ
사랑해 듣고 싶던 그 한마디 때문에
「愛してる」 聞きたかった その一言のために










若い人が聴いてもピンとこないかもしれませんが、アラサーの胸には込み上げるものがあります(爆)
私を意訳したい病にして、詩人気どり(汗)にさせるのは、まさしくこういう歌!
ストーリーと情景がある歌はいい…聴けば聴くほど味が出ます。変に盛り上がりを作らず、ずっと淡々としてるのもいい。耳馴染みもいいので小説を書くときにエンドレスで聴いてたりします。

ギュヒョン君、この曲で初めて名前と顔が一致しました。もう忘れませんよ。
透明でちょっと甘さもあって素敵な歌声ですね^^やはり韓国アイドル、侮り難し。

余計な話ですが…なんとなーくEXILEが歌ったら合うかも、と思いました。別にファンじゃありませんけど、なんとなく。

Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/716-85a107ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。