上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.08 イケメンですね(美男ですね) #1
minan-2.jpg

正直グンソク君の囲み目アイラインは好きでないです…
ナチュラルなお顔&ちょんまげヘアのときが好き❤
ミサに遅刻しそうで(もう遅刻?)走る修道女見習いジェンマ=コ・ミニョ(パク・シネ)。
なんとか終了には間に合ったかと思えば、説教を訊かずにアイドルの動画を見ている女の子を(優しく)注意したあげくに、自分が騒動を大きくしてしまう慌て者。

遅刻と騒動の罰に、今日も修道院の聖人像を磨き、ダビデ像に話しかけます(笑)
ダビデ像の下半身を布で隠して、ダビデ様もトマス様みたいになにか着てたらいいのに、とか?私がローマに行ったら誰がダビデ様を拭いてあげるの?とか。なかなか浮世離れした不思議ちゃんです。

そんなミニョを遠くから見つめる怪しい男。彼は旅行社にローマ行きのチケットをとりに行くミニョのスクーターを車で尾行します。そしてミニョの前をふさぎ…
「修道女様、コ・ミナムを知ってますね?」とミニョのヘルメットをとって、持っている写真とミニョを見比べます。「本当にそっくりだ」

怪しさ全開の男を殴って逃げるミニョでしたが、双子のお兄さんコ・ミナムに事件が!と言われ男の話を聞くことに。
この男、マ・フニ(キム・イングォン)はミナムのマネージャーなんですね。彼が、ミナムが“A.N.JELL”のメンバーに抜擢されたと興奮気味に言っても、ミニョはそのグループを知らないそうで。
フ二は跪き「双子のお兄さんミナムを助けてください!」と。
どうしたら?と言うミニョにフニ「ミナムになってください!」って…

つまり、今日が契約なんだけど肝心のミナムが来れないからミニョにミナムのふりをしてサインしろってことね。そしてミニョは言われるままソウルのA.N.JELL事務所ビルへ。
出待ち(?)のファンが天使のコスプレをしているのを見て、みなさん天使ね?と言うミニョが可愛い。ファンたちに、修道女のコスプレなんて良いアイディアね!と言われ、目を白黒させるミニョも可愛い(笑)

その時、一台のバンがやって来て、A.N.JELLメンバーが降りてきます。
3人の姿を間近にして呆けるミニョ。

“院長様。私は今日本当に天使のように美しい人を3人見ました。聖堂の前にあるダビデ、ジュリアン、トマスが現実に歩いてるかのようなお姿でした…”

ぼんやりしているミニョに、着替えを渡したフニは、男の子の格好をしたミニョを見て、ミナム!って(笑)
ミニョはこれって詐欺じゃないんですか?と不安になりますが強引にアン社長(チョン・チャン)のもとへ連れて行かれます。そして戸惑いつつもミナムとして契約書にサインをし、役目が済んだかと思いきや…

A.N.JELLメンバー、ファン・テギョン(チャン・グンソク)が入って来て、そいつが天使の歌声のコ・ミナムか?そんなにすごい奴なのか?と。
で、契約書よりも俺が実力を確認する、とミニョの手を引いてスタジオへ。そこには他メンバー、ジェルミ(イ・ホンギ)とカン・シヌ(チョン・ヨンファ)がいて、硬直するミニョ。

テギョンは扉に鍵を閉めてしまい、ミナムに歌ってみろと。歌おうとしないミニョに、契約書を破こうとしたテギョンでしたが、そのときミニョが歌い始めます。
讃美歌だね。まさしく天使の歌声(笑)
この場は認めざるを得ず、契約書を社長に返して出て行くテギョン。ジェルミはミニョの頭を撫で「すっごい美声だ。鳥肌たったよ。あんな声どっから出るの?とにかくテギョンヒョンも認めたみたいだし、これからよろしくな」と。
ホンギくんが無駄に可愛い…

さて今度こそ役目は済んだと、私は教会に帰るからローマに行く前に訪ねて来るようにオッパに伝えてくださいとフニに言うミニョ。しかしフニは、ローマには行けませんよ、と。
1ヶ月だけミナムになってくれ。ミナムは目の整形手術に失敗して再手術のためにアメリカに行っている。その間だけミナムになってくれと。
当然できませんと断って逃げるミニョでしたが…


その夜。
ミニョが教会で祈りを捧げていると院長がやって来て、ソウルに行ってからずっとそうしているがミナムになにかあったのか?と。
ミ 「はい。でも私にはこれ以上どうしようもないことなんです。助けられません。私は修道女になる身ですから」
院 「ジェンマはどうして修道女になろうと思うのか」
ミ  「…それは、それがあの方(神様)のご意思ですから」
院 「私はジェンマの意思を訊いたのだがね」
ミ 「私は…ずっとずっと幼い頃から修道院で育ちましたし、院長様のような修道女になること以外を考えたことはありません」
院 「ジェンマにはこれからいろんなものを見て、深く考える時間が沢山あるのですよ」
ミ 「もう決めたんです。今週ローマに行きます。それがあの方のご意思ですから」
院 「あの方のご意思を確かめた人は誰もいないのですよ」

そしてミニョがローマに発つ日。
この日A.N.JELLも日本へ発つため空港に。

ミニョは偶然にテギョンにぶつかり、弾みで落としたテギョンの携帯端末とミニョのローマ行きチケットが入れ替わってしまいます。もちろんそれを取り戻さなくちゃいけないんですが、会ったらばれそうで逃げるミニョ。そのうちシヌとジェルミも、テギョンに協力して修道女を捜し始めちゃって…

結局チケットを取り戻すことはできずに、ローマには行けませんでした。空港のベンチにたたずむミニョは、テギョンの落としたMP3の曲を聞きます。
「いい曲…オッパもこんな曲が歌いたかったのかな…」

そしてミニョは今朝(?)フニが自分を引き止めようとして言ったことを思い出します。
ミナムがどうして歌を歌うか。それはお母さんを捜したいからだ。歌っていればお母さんが訪ねて来てくれるかもしれないから。
昔親がいない、孤児だといじめらたときに、兄が言った言葉。
お父さんは立派な音楽家でお母さんは有名な歌手だ。僕も有名な歌手になってお母さんを捜すんだ!と。
“こうなったのも、あなたのご意思ですか?私はどこに行けば…”


んで、ミニョはミナムになります。
新メンバー発表の記者会見の日。髪を切り、胸にはさらしを巻いた男装のミニョ=ミナムはカメラのフラッシュを浴び、それを涙ぐみながら見守るフニマネです。

んー?女優さん?テレビで記者会見を見て「あの子ね…私に似てるといえばそうかしら…」とつぶやいておりますが。どっち?テギョン母?ミニョ母?まだ謎です。

その日から、ミニョはメンバーの共同生活に加わります。豪華な部屋に驚くミニョでしたが、空港で拾ったMP3をこっそり返しておこうとこっそりテギョンの部屋へ行きます。しかし彼が来てしまい、とっさにバスルームに隠れます。
テギョンは潔癖なのね。デスクライトの角度がいつもと違う?ってことから、怪しんでバスルームへ。
びっくりしたミニョは便座に座り、誤ってビデ発射(爆)1人で大騒ぎなミニョに呆れるテギョン。

テ 「お前はビデでシャワーするのか?」
ミ 「勝手に部屋に入ってすみません!」

ミニョが「ごめんなさい!」とお辞儀をすると水が飛んで顔をしかめるテギョン。
「簡単に注意事項を言っとくからよく聞け。1つ、俺の体に触れるな。特に急にさわられるのは最悪だ。2つ、俺の部屋に勝手に入るな。ビデでシャワーでも歯磨きでもお前の部屋でやれ。3つ、俺のものに触るな。俺が触った物がそのままその場所にないのは、絶対に我慢できない。分かったか?」

そんなふうに冷たくミニョを部屋から追い出しときながら、
「ビデって意外に危険なんだな。気をつけなければ」とか真剣につぶやくテギョン。
か、かわいい~きゃー



その後。
ミナムの加入祝いのパーティが開かれます。フニからA.N.JELLの専属スタイリストを紹介されるミニョ。「これからはヌナって呼んで」と強烈なキャラの彼女はワン・コーディ(チェ・スウン)です。
今更でしょうが、韓国ではスタイリストさんをコーディ(コーディネイター略かな)と言います。

雰囲気にのまれてシャンパンを飲みまくったミニョはふらふらの酔っぱらいに。
フニにそこで氷になってろ(じっとしてろ)と言われたミニョでしたが、勝手にチンしてトイレへ。
しかし今は女子じゃないからね。ジェルミに見つかってこっちだろ!と男子トイレへ。大丈夫だからと言いジェルミを見送ると今度はシヌが現れ、記者がたくさんいるから気をつけろ。酔いざましに屋上にでも行ったらどうだ、と。
ミニョがふらふらと屋上に行くと、そこにテギョンがいました。屋上から下の道路に吐きそうになるミニョを見かねて声をかけるテギョン。


今にも吐きそうなミナムにこれに吐け!と空のぺットボトルを差し出し、それは無理!とミナムが拒否すると、今度は小さいヒマワリの咲く鉢から土ごと花を抜いて、差し出すテギョン。
その中に無事(?)吐いて、楽になったミニョは、テギョンが元に戻したヒマワリの花を見て、きれいだな~って(爆)

ジェルミとシヌもやって来て、揃った4人。これから面白くなりそうだと言うシヌにテギョン、面白くなるか最悪か見てやろうじゃないか、と。

(酔っ払い)ミニョはベンチの上に立ち、夜空に手を伸ばします。
「うわ~ここからだと空が近く見えますね~天国にも届きそうです~」

その時足元がぐらついて、ベンチから落ちそうになったミニョに、3人が駆け寄ります。

“院長様。すごくおかしな夢を見ました。そこはとても美しいところで、そこには聖堂の前にあるようになダビデ、ジュリアン、トマスも一緒にいました。ここは天国ですか?”


次回へ


面白かったです。幼稚だって意見もあるようですが、このドラマ企画意図が幼稚でも気楽に楽しめる、ですからね。いつもいいますがこの手のドラマはときめければいーの!今日の2話の放送も楽しみです。好きな脚本家さん(たち)なのでとっても期待しちゃいます。

Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/622-455c6477
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。