上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.03 千万回愛してる #3
Thousand-9.jpg

↑ ↑ ↑ 頑張れウンニム。

カンホはウンニムの財布を拾います。その中には「世界に1枚しかないお母さんの写真」と裏に書いてある古い写真が入っていました。

ウンニムもそれに気がつきますが、今はそれよりもお父さんのために手術費をなんとかしなくてはならない…そしてクムジャに会い。
クムジャは、条件の良い子が見つかったとヒャンスクに話し。
ヒャンスクは代理母の話を嫁にするわけです。←このときの言い方がひどい!

私はうちの嫁が不妊ということを認められない。息子が間違った女と出会ったせいで、一生自分の子を抱けないのかと思うと心が血の涙を流す。だから皆がすくわれる代理母はどうか。これが最後の方法だ、と。
いつもひどいんだけど、当たり前って感じで言うのが怖いよ。つかここ突っ込んだらダメなのかもしれないですけど、そんなに血筋に拘ってるなら、なぜに結婚前に健康診断させなかったの???いやそれも屈辱でしょうが、今よりはマシかと…

ソニョンはありえない、嫌だとはっきり言います。
至って健康的な反応なのに、嫌なの!?と意外そうな顔をする姑こえ~(笑)

涙を流して拒否するソニョンが、そんなに孫が必要ならのちのちカンホに作らせればいいと言うと、般若のごとく(爆)怒る姑。
嫌なら離婚だ、出て行けと言われ、耐えきれず去ろうとするソニョンを捕まえ、私がこんなに頼んでるのに嫌だと言うならあなたが自分から家を出るのが道理だと思うわと、さらに言えてしまう姑…病んでる。

一方こっちは怖くないけど超いらいらするエラン。
最初っから金借りる気満々でウンニム祖母に会いに行くくせに、断るふり。
結局お金をもらって帰って来たと思ったら、ナンジョンにいくらか渡す。
継母が祖母に無心したことを知ったウンニムは怒り、すぐに金を返すように言います。

まじで最悪だな、この親子。
しかもドラマ的にはこの馬鹿親子にコメディな部分を任せようとしているように見えます。(BGMがコミカルだったりね)でもちっとも面白くありませんから~早く痛い目にあってほしい(真剣)



その夜、別荘(?)で過ごすセウン夫婦。セウンは妻がなにに苦しんでいるのか訊きますが、なんとなくそんな日があると答え、私たち離婚しましょうかと言うソニョン。
セウンは妻が代理母を強いられてるなんて知りませんからね、ゆっくりやって行こうなんて優しく言いますが…
ソニョンは夫の寝顔を見、どこか遠くに逃げて2人で暮らしたいと思います。
翌朝、姑から逃げるように実家にやってきたソニョン。しかしドラマ脚本家の母は娘の状況を知らず、仕事の邪魔をするなと。
ソニョンは、昔からお母さんはそうだった!いっそ孤児ならよかった。私はお母さんように人に無関心には生きない、と言い捨て、叔母が止めるのに泣きながら帰ってしまいます。
ソニョンを心配した叔母はチョル(ソニョン弟)に、カンホに会ってお姉さんになにがあったのか聞き出せと。

自分は1人だと思うソニョン、自分のものは自分で守ろうと腹をくくり、姑に言うとおりにしますと。
そして。
翌日セウンにもう一度だけ人工授精を受けてみると言います。
今までのことがあるからセウン、その話しはうんざりなのね。席を立ってしまいます。


カンホとクラブで会ったチョルは姉の近況を訊き出そうとしますが、ナンジョンがやってきて一目ぼれ。
えー…ヤダ(笑)
せっかく久々のドラマ出演で期待してるのに、相手ナンジョンかぁ…年の差があってもその下の妹ちゃんとかが相手であってほしかった。チョル、女見る目なし!



その頃、ヨニがバイトしているバーで飲みつぶれたセウン。
しばらくして目を覚ましたセウンは、自分のために退勤できなかったんだからとヨニを家へ送ります。この日会社でも怒られているところを彼に助けてもらっているヨニはそのお礼も言い、彼の車を見送ります。


別の日。ウンニムはキム・ボヨンという偽名で健康診断を受け、その結果問題なしとクムジャからヒャンスクに伝わります。
クムジャはそろそろお金を振り込んで…と言いますが、代理母をする女の顔を一度見ておきたいとヒャンスク。
クムジャからの「すぐに入金の確認をして」とメールをもらったウンニムは銀行で記帳をし、その金額にか本当に入金されたという事実にか、衝撃を受けその場に座り込みます。

その頃。
家まで売りに出てしまっている今、恥もなにもない!とエランは昔の知り合いでもあるカンホの祖母に金を借りようと、ナンジョンに住所を聞き屋敷へ。
しかしなかなか言い出せずにいるところへ、ウンニムからインドクの手術費が借りられたと電話が入ります。そしてカンホに送られ病院へ。

エランを降ろした後でウンニムの姿を見かけ、財布を返そうと声をかけたカンホでしたが、深刻なウンニムは気がつかず。結局行き違いになってしまいます。

病院にやってきたエランに、ウンニムは大学の先輩がお金を貸してくれ、臓器提供への連絡と手術費の支払いは済んだと説明します。詳しいことはまた話すと言うと疑わしそうなエランをその場へ残し、、クムジャとカフェで会うウンニム。自分の顔を見にやってくるヒャンスクを緊張し待ちます。


次回へ

ソニョン役のコ・ウンミさん美しいです。泣いてばかりですがきれいです、と言うより泣き顔がきれいです^^
Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/619-72cb3a03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。