上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.18 華麗なる遺産 #27


死んだはずの父親が現れ驚きつつも、喜ぶウンソン。
ソンヒがウヌに会わせてやるから出国しろと言うのでそうしようとしていたとウンソンは父やジュンセ、ファンに打ち明ける。ならばここで待てばウヌを連れてソンヒがやってくるはずなのに来ないので、ジュンセは父親に会ったことを告げず、ソンヒに電話をいれてみろとウンソンに言います。

そのとき必死でウヌを探していたソンヒは、連れていくつもりだったがウヌがひどい風邪で今日は無理だから、一旦家に帰るようウンソンに言う。

本当にウヌの具合が悪いのかも!と心配するウンソン。
店長からウンソンの急な辞表を受けとったスクジャから電話が入り、スクジャもまたピョンジュンの生存を知り驚愕します。
そしてひとまずウンソンとピョンジュンに家に来るように言います。

ジュンセのスクジャは考えの深い方だという言葉に、戸惑いつつもウンソンと共にスクジャの家に向かうピョンジュンは、車中でウンソンの名で自分宛てにメールが何度かきたこと、ジュンセには仕事をもらったりたくさん世話になったことを話します。
ファンは複雑…

家でピョンジュンと対面したスクジャは、会えてうれしい。私はウンソンのハルモニだと挨拶します。
そして今はまずウヌのことが先決だとすでに事情を知ったヨンランに手伝わせ、ソンヒを家へ呼び出します。

なんの用事か私が社長を煩わすようなことをしたかと言うソンヒに、スクジャは大いにした、と答える。二階から下りてきたウンソンとピョンジュンの姿を見て衝撃を受け動揺するソンヒでしたが、スクジャがウヌの居所を問うと、あなたに答える理由はないと言い放ち、スクジャを呆れさせます。
ウヌを見失ったと言えないソンヒは、ウヌを連れて行くと言うのはウンソンを遠ざけるための嘘だったと言い、逃げるようにその場を去ります。

スクジャの命令でソンヒの尾行をするソンチョル。

一方スンミがウンソンを騙ってメールを送っていたことを知ったファンは彼女をヨンソクのバーへ呼び出しますが行ってみるとヨンソクが、ヨンジェ(ウヌ)がいなくなったと慌てていて…
警察へ届けろと言うファンを止めるヨンソクは、ヨンジェが甥っこではなく迷子だったと打ち明けます。

そしてピアノ教室を探してまわるファン。ふと教会から聞こえてきたピアノの音を頼りに行ってみると、ウヌの姿が!
お前がウヌだったのか!とウヌを抱きしめるファン。

ファンはウヌを連れて家へ。
いきなり知らないとこへ連れてこられて不安そうなウヌ。
「大丈夫だ。ここはヌナやヒョンが住んでる家だからな」
「うん、かわいい」
「お前のヌナがいるんだぞ。ほら、スパイ!」
「スパイもかわいい」
「スパイもかわいいし、お前のヌナもかわいいさ。大丈夫だから早く家に入ろう」
このシーン大好き。だからつい書いちゃった。ウヌが可愛いの~^^ファンの後ろに隠れてついてくんだよ~

そのとき、父親と話しながら庭に出てきたウンソンがウヌに気がつきます。
涙の親子、姉弟再会!
それを見守るファン。
ファンよかったね~^^ウンソンのためになにかしてあげたかったんだもんね。

ウヌが、ヌナに会いたかったら誰かに話したらいけない、電話もしたらヌナに会えないんだと口にし、それが「オンマ」が言い聞かせたことだと知ったウンソンとピョンジュンはこのまま黙っていることはできないと、ソンヒの家へ向かいます。
その頃、ピョンジュンの生存を隠していたことまでがスクジャにばれてしまったことで先はないと覚悟したソンヒは、せめて娘は逃がそうとスンミにNYへ行かせようとしていた。

そこへファンに送られてやってきたピョンジュンとウンソン、ウヌ。
スンミ驚きすぎだからー><
目がまんまるで、ちょっとコントっぽかったよ。笑うシーンじゃありませんがね。


ピョンジュンはソンヒを殴ろうと腕をあげましたが、それを見たウヌが、オンマだ!殴ったら痛いからダメだと。
耐えきれずに出て行くスンミを追ったウンソン。

ウンソンに、名を騙ってメールを書いたかと問われたスンミはそれを認めて謝り、それでもウンソンがお父さんを大事だと思うようにオッパ1人がなにより大切だったから、あのときはどうしようもなかったと話す。
そう言われちゃうとウンソン、困るよねぇ…
それを遠くから見ていたファンもさぞ複雑な気持ちでしょう。

ピョンジュンと話すソンヒは未だに、自分が全部悪いんじゃない!という立場でものを言うんですが、ファンがウヌを見つけたと知り愕然とします。
うーん。自分がやってきたことが全部全部裏目に出て結局なにも手に入らず、残ったのは罪と傷ついた娘だけ、ということにようやく気がついたか。


翌日。
昨夜はスクジャの家に泊まらせてもらったウンソン一家。
テスに付き添われ警察に出頭したピョンジュンは、もともと保険金目当てで起こったことではないので、お金を返しさえすれば問題なし?ソンヒも同じくおとがめなしにできるってこと?
ここはよくわかりません。実際そんなはずはないと思うけど。
ソンヒの場合は訴える人が(ウンソンとか)いれば、公文書偽造とかいろいろ罰せられると思うけどねぇ。


今後、どうしたらいいのか。スンミをどうしてあげたらいいのかと悩むファンに、スクジャは自分で考えなさいと。

その頃。
家も売って遠くに行こうというスンミに、好きなようにしたらいいと力なく答えるソンヒ。
って…自殺しようと屋上へ!?


最終話へ
Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/599-8ad1bf52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。