上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.11 華麗なる遺産 #25
shining-28.jpg

いよいよ終盤~。
ジュンセは株主総会に現れたときは、解任賛成に投票するつもりだったのかな…しかし投票が始まる寸前、ファンとウンソンがやってきます。従業員を代表して、全体の80%が給料削減に同意し、社長解任反対の署名をしてくれたと言う彼らの堂々とした態度に、ジュンセは投票をやめます。

テスの切り札不発で、スクジャの解任阻止成功。

テスは息子に裏切られたとジュンセを責めます。女のせいで父親を裏切るのかと。しかしジュンセはウンソンのためではない、と。彼らが来たとき自分がたまらなく恥ずかしかった。父を裏切れないと思っていたが、自分を一生恥ずかしく思いながら生きていくのは、生きていることにならない。自分を卑下しては生きてはいけないと。

そしてジュンセは父親の代わりにスクジャの家へ謝りに赴きます。
父は間違ったことをしたけれど、それもジンソン食品が彼の全てだからこそで、どうか静かに会社をされるようにしてくれませんか?と。
スクジャは、テスが息子だけはしっかり育てたようだね…と言い、翌日テスが辞表を出しにきたとき、息子を巻き込んだことを叱りながらも、ただ会社のお金だけ帰していきなさいと、放免してあげました。

さて、ウンソンは父親を裏切ってしまい傷ついているであろうジュンセが心配でしょーがないんですが…さすがに今回はジュンセも笑って彼女の前には出られないようで、電話にも出ず。
だから余計に心配が募るウンソン…を見てるファンも複雑な気持ちです。ジュンセがこれまでウンソンをたっくさん助けてきたことを知り、それが気に入らない。でも怒っても仕方ないから、これからウンソンにたくさんのことをしてあげるのは自分だ!とばかりに、ウンソンのためにバス停のベンチとりに体張ったり(笑)

ウンソンも彼の気持ちが分かるようで、嬉しそうです。

スクジャは今回の件のお礼にウンソンを家での食事に招待します。ヨンランはぶつぶつ言っていましたが、ソンチョルアジュシに、せめてこの間平手打ちしたこと(ソンヒが乗り込んで嘘つきまくったときね)は謝った方がいいと言われ、素直に謝るあたり可愛いです^^

スクジャに、条件は満たしたから本社に出勤しなさいと言われたウンソンはそれをきっぱりと断ります。
会社を継ぐ自信はありません。おばあさんと同じように社員をずっと愛して生きていくまでの自信がない。店を辞めて自分のしたいことをして生きていきたいと。
ウンソンの素直な気持ちを知ったスクジャは、相続をあきらめたかな?


翌日、ウンソンに借金を返したファンは残りは来月…と言うが、来月はもういないから今全部返してと言う彼女に驚きます。どうして辞めるんだと問うファンにウンソンは、もともとそのつもりだったし、これからは料理を勉強しながら働けるところ探すつもりだと。
ファンはそんなウンソンに言います。
じゃあ俺たちはどうなる、もうスンミに自分の気持ちは話した。ただスンミに心の借りを返すのに時間が要るから、信じて待っていろ。

返事のできないウンソン…


さて、この日はスンミの誕生日だったらしい。
ウヌと冷麺(ラーメンはウンソンのせいで胸がぐつぐつ沸騰してて食べられないそうだよ^^)を食べてるファンに彼女から連絡が入り、ファンはヨンソクのバーへ来るようにと言います。
ウヌはいつかファンが、ピアノ弾いたらチョコ牛乳を買ってやると言ったのを覚えていて、2人は外のコンビニへ牛乳を買いに。それをやって来たスンミが目撃します。


次回へ


26話はもう少し詳しく書こうかなと思います。




TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/595-b20fc39b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。