上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.08 花より男子 #2
hana-4.jpg

襲われそうになったジャンディを助けたのは、ジフでした。
彼は男子生徒に押さえつけられているジャンディに「ホットケーキに要るのはなんだったっけ?」と尋ねます。

戸惑いながら「ベイキングパウダー」と答えるジャンディ。
ジフの雰囲気に飲まれた男子生徒たちは逃げ去ります。ジャンディが礼を言うと、ジフは「ああいうのが大嫌いなだけだ」と。
その夜、ジャンディは街でモデル、ミン・ソヒョン(ハン・チェヨン)のポスターに愛しそうに顔を近づけるジフを目撃。

翌日、ネットで「神話高校のK嬢が妊娠!」という記事が出回り…学校でもそれをネタにジャンディを苛める生徒達。

そしてジャンディはF4のカフェへ。
ジュンピョは今度こそ彼女が土下座すると思っていたんですが…ジャンディは「チョッキスもまだなのに、なんで妊娠なのよ!」とジュンピョに飛び蹴り!&くっさい雑巾攻撃。
また腰を抜かしたジュンピョは、啖呵を切るジャンディに何かを感じた様子。

ジフはそれを面白そうに眺め、イジョンとウビンはジャンディがジュンピョのお姉さんに似てる、と言います。「あんな田舎くさいヤツのどこが!」と反論するジュンピョですが、とんでもないことを言い出します。「あいつ俺に惚れたな」って。
呆れつつ面白がる、イジョンとウビン。

ジャンディを跪かせることに躍起になるジュンピョは、彼女を部下に拉致させます。
自分の屋敷に連れてきて、エステを施し、メイク、高価なドレスや宝石でジャンディを変身させます。
訳の分からないままされるがままのジャンディでしたが、ジュンピョの仕業だと知り、嫌悪を顕わにします。
ジュンピョは「言うことを聞けばカノジョにしてやる」と言い、ジャンディは呆れます。
「お金で買えないものもある!」と言うジャンディにジュンピョに「それは何だ」と尋ねます。しかし具体的には答えられませんでした。
ジャンディは屋敷を出ますが、高価な靴を返すのを忘れていたことに気がつき、靴を庭に投げ込みます。そして裸足で歩いてるところに、ジフがバイクで通りかかり、スニーカーを貸してくれました。
その夜、スニーカーを一生懸命キレイにするジャンディ。

翌日スニーカーを返しにカフェに行ったジャンディは、そこでイジョンとウビンから、ジフとミン・ソヒョンの関係を聞かされます。
幼い頃両親を事故で亡くし、自閉気味だったジフを救ったのがソヒョンで、彼にとってソヒョンは初恋で恋人で、母親のような人だと。

勝ち目のない相手だと、落ち込むジャンディはぼんやりしていて、クラスメイトにボールをぶつけられちゃいます→鼻血。
その様子を見ていたジュンピョは、ジャンディ顔を拭いてやろうとしますが、拒否されます。納得のいかないジュンピョは「俺のどこが嫌いなんだ!」と。
全てが嫌いだと答えるジャンディ。

別の日。
旅費が高すぎて修学旅行に行けなかったジャンディは親友ガウル(キム・ソウン)と旅行に出かけます。
ジュンピョはジャンディが気になって仕方なくて、普段は参加しない学校の旅行に参加しますが、空港に肝心の彼女が現れずにイライラ。
その後ジャンディの居場所を知ったジュンピョは全員を連れ、豪華客船でジャンディの旅行先にやってきてしまいます。
帰国したソヒョンの歓迎パーティーが、その夜行われることになり、ジュンピョの誘いは即拒否なに、ジフに誘われると即OKしてしまうジャンディ。

リリーズ(面倒なのでこう書かせてね。意地悪3人娘です)は仮装パーティーだとジャンディを騙し、ワンダーウーマンの格好をさせます。
会場で恥をかかされたジャンディを見たジュンピョは助けようとしますが、ジフとソヒョンの方が一足早く…ジフがジャンディに上着を貸すのを見て、心が波立つジュンピョ。

ソヒョンはジャンディを部屋に連れて行き、ドレスを貸し、メイクをしてくれます。
ジフの友達なら自分にとっても大切な友達だと言われ、恐縮しつつ否定するジャンディにさらにソヒョンは、ジフが自分から誰かを助けるところをはじめて見た。ジャンディがジフを優しいと思うのなら、それはあなたが彼にとって特別な人だからだ、と話します。

ソヒョンは、ジュンピョが横暴なのは寂しいからだとも言い、彼が1年に1ヶ月くらいしか親に会えないこと、生まれたときから息子としてではなく、グループの後継者として育てられたことを話します。
彼に宣戦布告をするようなジャンディが気に入ったから応援する、と優しく言うソヒョンは、仕上げに美しい靴を貸してくれました。「女は靴が重要なの。素敵なところに連れて行ってくれる」

パーティーに戻ったジャンディの姿に、見惚れるジュンピョ。

ソヒョンはジフを背中を押し、ジャンディのエスコートをさせます。驚くジャンディを見つめるジフ。
向き合う2人を、ジュンピョが見つめていました。


次回へ


最初はイ・ミノ君、微妙…と思いましたが、さっそくカッコよく見えてきました。カリスマはやや不足かもしれませんが、原作には近いように思う。ヒロインとの身長差が重要です。
私的にはキム・ボムくんがとっても良く見えます。最初だけつい「ドンチョラ!」と思ったけど、落ち着いた感じがよく出ています。
ク・へソンちゃんもいいと思います。役にハマッてます。ただしやっぱり美人過ぎる。色白過ぎる(爆)

全体としては安心して見られます。
ハッピーエンドだって分かってるし。最初からあり得ない話だって知ってるからツッコミもピロオプソで、楽ちん。
もちろんシンデレラストーリーなんだけど、最初の頃はジュンピョがぎゃふん!と言わされるシーンに見所があるよね。爽快感があります。なんつーか水戸黄門的な?スッキリ感が。

Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/516-8149d656
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。