上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.17 いいかげんな興信所 #15
about-13.jpg

ハラボジは、ミンチョルを使ってムヨル達を操ってるってこと?
もっとも黄金に思い入れがあるのは、このハラボジなのかも。
ミンチョルはムヨル達が黄金探索をしやすいように仕向けます。重明殿の工事責任者に、工事費横領をしてる輩がいるという偽の証拠資料を渡して、工事現場にストを起こさせます。
ちょっとタイミングが良すぎる、と疑うヨンスですが、宝探しを決行。

重装備で、重明殿地下室に入り込みます。暗号にあった「スモモの花」を暗闇の地下室で探します。
そのうち壁にパズルのような模様を見つけたムヨル。
正方形のパーツの組み合わさったそれは、動かすとスモモの文様になりそうで…
近所のパズルが得意な子供に電話して、パズルを解いてもらいました。

その壁の奥に、さらに地下へと続く通路が現れます。
閉所恐怖症のウンジェを見張り役としてその場に残し、3人で奥へ進みます。
怪しい扉があって、ヒギョンが手をかけると…上から小瓶が落ちてきて割れ、催眠(?)ガスが飛散。防御する間もなく、倒れた3人。
その様子をカメラで見たウンジェ、意を決して助けに向かいます。
暗闇の中をなんとか、倒れた3人の元にたどり着いたウンジェですが、そこでムヨルに酸素マスクを着けたあと、自分も気絶しちゃいました。

ウンジェは朦朧とする中、思い出します。秋夕の時期に皆でわいわい言いながらチジミを焼いて、トックを作ったこと。
ウンジェの人生で1番、幸せだった時間。
そして目が覚めると3人が、ウンジェを心配そうにのぞき込んでいました。「ありがとう」と呟くウンジェ。

さらに先に進むと通路に水が溜まって水路みたいになっていました。ストも終わったので、工事再開も48時間後に迫り、どうしても黄金を見つけたいヒギョンが水に入る!と覚悟を決めます。
危険だと止める他3人。
なかなか感動的な回想シーンですが…思いの外水深は浅く、結局ムヨルとヨンスも先に進みます。つーか、湯気出てるし(笑)
その先に、開けた空間があって、大量の黄金発見!

その時、ミンチョルとハラボジがウンジェのいる地下室にやってきます。ウンジェも連れて、黄金の部屋を目指すハラボジ&ミンチョル。

2人の姿を見て驚くムヨル達。
しかしハラボジはさらに多くの黄金が隠されているはずだと言い、床にあった蛇口(のようなもの)をひねります。
すると、中央にあった井戸の水が引き、その中にぎっしり大量の黄金がーーー!
さらにさらに、高宗秘密の文書も沢山出てきます。

ムヨル達は黄金に夢中。しかしハラボジの目的はある古文書らしい。
どうやら目的の文書を見つけたハラボジ。
しかしその時、砂のなだれが!


最終話へ
TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/460-54f204bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。