上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.09 ビフォー&アフター整形外科 #12 最終話
before12.jpg

ヨンウは、一緒に釜山に行くことを承諾してくれたギナムにプロポーズ。指輪をはめて、「はい」とこれまた承諾したギナムだけど。…本当に結婚するの?
ユン室長がヨンマンに、アン・ジュリのカルテを渡したことで訴訟になってしまいます。
怪しい弁護士が乗り込んでる来るし。

ユン室長はヨンマンに、(アン・ジュリのカルテの)報酬にいくらほしい?と訊かれて、ゴンスを後悔させてくれればそれでいい、と言ってましたが。

翌日@B&A
アン・ジュリが手術を受けたのは、もうずい分前なのに、今になって症状が出るのはおかしい。つまり、また以前のように違法な医者のところで手術を受けたんじゃないか、と。
裏切り者探しよりも、裁判の方が大事だしね。スタッフ皆でアン・ジュリが手術を受けた病院を探します。
しかし、押鴎亭だけでも350件(って言ってたかな?)の整形医院があるので、気の遠くなるような話なわけで…
簡単には見つかりません。

訴訟の日が迫ったある日。
ゴンスは裏切り者がユン室長であることを知ります。皆に非難の目で見られるユン室長。
「なぜこんなことをしたんですか!?」とゴンス。
「本当に分かりませんか」と室長。

一同脱力。ゴンスも相当落ち込んでますね。
ギナムはユン室長の家にお世話になってたんですが、裏切り者とは一緒にいられるはずもなく…室長をそこまで追い詰めたのは自分のせいでもあるし…と彼女の家を出ます。
そこで誰のとこに行ったかというと…ゴンスの家。室長の裏切りに凹んでるから心配だったんでしょうね。
「ユン室長のとこに居るのもなんだから…部屋、前に使ってたとこでいいですよね?」となんでもないことのように振舞います。

ゴ 「ここに来てること、チョ先生は知ってるのか?」
ギ 「…知りません」
ゴ 「大丈夫なのか?」

そのくらいの信頼はある、というギナム。

ゴ 「俺、おかしくなったのかもな。閉院の危機だってのに、まだ『なんで俺じゃないんだろう。なんでチョ先生なのか…』。それが気になる。…どうして俺じゃないんだ?」
ギ 「…院長は、私じゃなくてもいいじゃないですか。私なしでも、生きていける。…でも、チョ先生には私じゃないとダメみたいで」
ゴ 「じゃあ、なんで今日ここに来た」
ギ 「…」

ゴンスは沈黙に耐えられず、外にお酒を買いに出ます。
戻ってみるとギナムはテーブルのとこですやすやと寝ちゃってて。
ゴンスは彼女を部屋に運んで寝かせてあげます。

寝顔を見つめるゴンス。
「俺は良い奴にはなれないから…『元気でな』『幸せになれ』。そんな言葉は言えなそうだ。あれは嘘だ。…でも、今日一緒に居てくれたことは、本当にありがとう」
ちょっとここのセリフ、消化不良なの。つまりは「幸せになれ」って言ってるんだよね?この回以前のゴンスのセリフをあんまり覚えてないんだよ~><

そしてそっとギナムのおでこにチューします。
実はギナム、目を覚ましていたんですね。ゴンスが出て行った後、涙を流します。

ヤベー!超キタ!何が?胸キュンが(爆)
これでもヨンスがいーのか!ギナム!と腹立ちますよ。


翌日@B&A。
ゴンスは、ギナムが居心地悪そうなので、先に「ユン室長のとこに居にくいだろうから、家に泊めた」とヨンウに言います。
「結婚するんだし、そのくらいどうってことないでしょ?」と…うぅゴンス健気だ。

さて、アン・ジュリが手術をした病院が見つかるんですが、この医者、以前B&Aに勤めようとした、変態医者じゃん!無免許で手術したのね。めーわくな奴だなぁ。
ゴンスそいつに土下座までして、法廷で証言してくれるように頼み、希望が見えたか?

そして裁判の日。
変態医者が土壇場で来れないと電話してきやがって…失礼。もとい電話してきて、このままじゃ証拠がなくて敗訴?!というとき。ユン室長が、アン・ジュリが無認可の医者の手術を受けた証拠(カルテかな?)を差し出します。

やっぱり裏切ったんじゃなかったんだねー!借金とりを完全に追い払うための二重スパイだったってことでよいのかな?
とにかく裁判は無事に済み、病院は危機を脱します。

しかし…アン・ジュリ自殺。
ゴンスは病院を守ろうとしたことで結果、人を殺してしまった…と自責の念にかられ。B&Aを閉めることを決意。

ヨンウはギナムがゴンスに惹かれてることを分かっていて。
「あなたは嬉しいのも辛いのも、全部顔に出る人だ。辛いのに辛くないふりも、悲しいのに悲しくないふりも似合わない人だ。僕のそばでは100%正直でいてほしいです。僕だけを見て、僕のことだけを考えて…そのとき、また会いましょう」

これってつまりは、ヨンウは身を引いたってことだよね。



…1年後。

ゴンスは海沿いの町で、写真を撮って暮らしています。
そこに、ある日お客が。
アン・ジュリでした。生きてたのか。傍迷惑な奴。ホントなんなの?
さらに「病院に戻ってください」って。いや、いーけど。そうすべきだけどさ。アンタは何(怒)

アン・ジュリは、戻るつもりはないと言うゴンスに、「ラブレターです」とビデオレターを渡します。

別の日。
B&A整形外科、再開ー!
スタッフも皆戻ってきていて、ゴンスを迎えます。
しかーし!「私が院長です」と出てきたのは、ヨンウ!
ゴンスが文句言いつつ、活気溢れる病院。

…ちょっとだけ時を巻き戻して。
ゴンスに届いたビデオレターでは、これまでの患者が皆「戻ってきてください」と言ってくれていて。
でも極めつけはギナムの笑顔。
院長。戻ってきてください。会いたいです

夕陽の美しい海辺で、涙を堪えきれないゴンス。


~ 完 ~


爽やかに終わったねぇ。
これって今後ゴンスとギナムがくっつく、と思っていいよね?そうだよねー?!監督ニム!(笑)
最近こういうドラマ多くないですか?視聴者の想像に任せたラストというか…ちょっとストレス。

全体を通して見やすかった。でも軽かった。そこが長所でもあり短所でもあります。深く考えないで見れるドラマ。
イ・ジヌク君のファンは絶対見るべし!私は「強敵たち」の彼も好きだけど、ゴンスの方が好きです。
薄っぺらな感想ですみません。
★は…



3つ、かな?やや辛目で3つ。
何度も言いますが、ジヌクくんペンは見て下さい(笑)
これも何度も言いますが、アン・ジュリ。お前は何
TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/452-49b266f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。