上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.03 マイスウィートソウル #3
sweet-5.jpg

テオを家にあげたウンス。テオは興味津々でウンスの部屋を観察します。
ウンスが鉛筆を使うこと、家にいるときは眼鏡をかけること。そんな他愛のないこ発見がテオには嬉しいみたい。
ウンスはそんな彼を見て、「私は本当にこの子が好きだ」と思います。

翌朝。
ウンスは実家に帰ります。
テオと離れがたくて、でも実家近くを2人で歩いて噂になっても困るし、少し離れて歩きながらメールで会話します。
微笑ましいですが…ちょっと浮かれすぎでは。

ウンスが昨夜実家に帰る約束を破ったことで、父親は不機嫌ですが、元々気難しい人みたい。
2年前に税務署を勤め終えてからも、家の税務署員?お母さんに、決まったお金(2万ウォン、生活費かな)以外は一切渡さないようで…あまり夫婦仲が良い、とは言えないようです。

ちなみにウンス母は、「憎くても可愛くても」のダンプン母ジョンスン役の方だし、ウンス父は…
久しぶりに見た!コン内官@「宮」の方だよ~印象が全然違うわ。


それにしても、誰かからのメールの後、おしゃれして出かけるウンス母、怪しい。不倫でもしてる…?もしや。

その後ウンスは、ユヒとジェインと会ってお喋り。
ジェインが結婚相手を親友2人に会わせる約束だったのに、相手が来れなかったのね。
ユヒはそれでちょっとご立腹だったんですが、ジェインの彼がお金持ち(医者)で、それをジェインがちょっと自慢げに話すんです。それがもっと気に食わないユヒはジェインと険悪になります。
それを仲裁するウンスだけど…これはよくあることみたい。
ジェインはそこそこお金持ちの家の子なのかな。ウンスは普通の家の子。ユヒの家は貧乏だったのね。今も?

この辺の事情が良く分かりませんが、ユヒの親戚たちは、従弟ユジュンの家をはじめ、皆お金持ちなんです。
でもユヒの家だけは貧乏で、今でもユヒ母はユジュンの家のキムチを漬けたりして、下に見られてるみたい。
きっとそういうのがユヒのコンプレックスなんでしょう。だからお金があって当たり前のような、自立していないジェインの話はイラッと来る…

共感します。
女友達って惰性で一緒にいるとこありますよね。
その人の全部が好きなわけじゃない、気にくわないところもある…でも、友達。ずーっと友達。
こういうの、ありますよね。


さらにユヒが会社を辞めたことを知らされていなかったこと&それをウンスだけが知っていたことで、ジェインは、「私はあんたたちの友達なの?」と悲しそうに言い、帰ってしまいます。

で、2人と別れたウンスは…またテオとデートかよ!(笑)
街を歩いているとき、テオがあるホテルを指して「僕らの聖地だ。またいつか行こうね」と無邪気に言います。
初めて会った夜に行ったホテルなんですが…ウンスは言います。

ウ (はにかんで)「テオ。…今日は私達一緒に寝ないでおこうね」
テ (笑って)「なんで?」
ウ 「ただなんとなく」
テ 「面白いなぁ。いいよ。でもどうして?」
ウ 「怖いから」
テ 「分かった」
ウ 「なにがよ。なんにも分かってないくせに~」
テ 「分かるよ。分かる。俺達、今日は、絶対一緒に寝ない!ぜっったいに」
ウ 「ぜぇっったいに!」
テ 「そんなに僕が信じられない?」
ウ 「私。あなたじゃなくて、私が(自分を)信じられないってこと」

テオ曰く、別れる時はいつも寂しさで胸がいっぱいになる。
寝る寝ないは関係ないってことかしらね。
ウンスはそんな彼の言葉に嬉しそう。
結局離れがたくて、遠回りの散歩をする2人。ラブラブだねー…もうお腹いっぱい。

さて、いったんテオから離れまして…
ウンスの会社に顧客として、ヨンスがやってきます。
うーん?会社の紹介冊子みたいなものを作るのかな?ウンスが担当することになります。
これって、ウンスに会いに来たってこと?
仕事の話は真面目に熱心なヨンスだけど、ちゃんと食事に誘ってるあたり、ウンスを気に入ったのかな。

別の日。
仕事でヨンスの会社を訪ねたウンスは、農作業をする彼の写真を見て「こんなふうに笑うのね」と。
ヨンスはウンスの書いた文章がウェルビーイングやダイエットに偏りすぎてることを指摘。
有機野菜が体に良いのは本当だけど、それが目的じゃない。エコロジーだ、と熱く語るヨンスにちょっと引くウンス。
いえ、私は素敵だと思いますよ。テオも良いけどヨンスも良い!

ヨンスと一緒にお昼ご飯。
ウンスは「(お米の)ごはんだぁ!」と喜びます。テオと一緒だとファーストフードばっかりだから…なんだけど、美味しそうに頬張るウンスを、ヨンスは楽しそうに見つめます。

帰りの車の中で、ヨンスの愛読書を発見したウンス。その背表紙裏にはある詩が書かれていました。
「生きとし生けるものは皆、危険のなかで生きる」←間違ってるかも!でもこんな感じ?
その詩に時々癒されると話すヨンスですが…良く分かりませんね。なにか思い入れがあるのかな?それとも辛い過去でも。

そのあとは、ウンスとユヒ、ユジュンで、ノレバン♪
皆ではじけます。


次回へ


いいなぁ。こんなカラオケ楽しいだろーな。日本人こんなに踊る?踊る人もいるか。
なんか長レビューになっちゃいました。久々に見ながら書いたから。
テオが出番たくさんなので、ヨンスが出ると画面が新鮮(笑)
やっぱりイ・ソンギュンssi良いです。どこが、とは言えないんでけど。ヨンスは意外に奥行きのあるキャラみたいで、今後が楽しみです。

Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/430-267dcd83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。