上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.16 マイスウィートソウル #1


↑ ↑ ↑ この写真の感じかなり好き。
…カテゴリー立てようかとも思いましたが、危ういのでとりあえず「見てみた」にしときました。
今後続けて書くようなら、この記事を1話のレビューとします。

6/19訂正
2話目を書きましたので、カテゴリ立てて、この記事を#1としました。よろしくー
オ・ウンス(チェ・ガンヒ)は出版社に勤めて7年目の31歳。
その日はウンスの元彼(通称ゴリラ)が結婚式を挙げた日。
ウンスは親友のユヒ(ムン・ジョンヒ)とジェイン(チン・ジェヨン)を誘ってお酒を飲んで気を紛らわそうとしますが…ジェインは自分の結婚を発表してさっさと帰っちゃうし、ユヒはキャリアウーマンで忙しいのかな?

1人になったウンスは、ほろ酔い気分で携帯のアドレスの中の1人の男にメールします。
すると「今仲間と飲んでるから君も来たら?」と返事がきて、ウンスはバーへ。
しかし肝心の知り合いの男は、他の女とすぐに行ってしまい…
知り合いもいないウンスはポツン…

そのとき、同じお酒のボトルに手を伸ばした男(の子)がユン・テオ(チ・ヒョヌ)でした。
彼は映画監督?を夢見ているのね。
初めて見た映画はなんだった?という話で「ホームアローン」と答えられ、年の差を実感するウンス。
テオは24歳、大学生かな?
2人でバーを抜け出して、別の店で飲みなおすうちにウンスは大分ベロベロに。酔った勢いでキスした2人は…ホテルへ~

翌朝。
なんとなく我に帰った感じで気まずいウンス。テオはそんな彼女に「今度映画に行きましょう。電話番号教えて」と。
ウンスは年の差を気にして迷います。昔の流行語(?)を言ってみて、「これ知ってる?」と。首を振るテオ。

ウ 「…本当に私に電話しますか?」
テ 「はい」

ウンスが番号を教えると、すぐにその番号にかけて自分の番号を教えたテオ。
この時点でウンスは、テオみたいな年下の男の子と寝ちゃったことを後悔してたのかな。なんとなくぎこちないまま帰ろうとする彼女に、テオが空を指差して言います。

「宇宙は何歳か知ってますか?140億歳。宇宙に比べたら、僕達なんて同い年も同然だよ」

やっと笑顔を浮かべたウンスにテオも安心。

テオに見送られ、明るい気持ちで家路についたウンスは出勤の準備をし…
元彼が結婚したのに昨日1日泣かなかった私は大人になったみたいだ、と思うんですが。
鏡の前で、やっぱりちょっと泣いて。

いつもの朝へ。


そんなんで次回へ


ウンスの友人のエピソードを割愛しましたが、ユヒもジェインもキャラが立ってて今後面白そう。
ウンス母(この女優さん本当に売れっ子ですね。「憎くても可愛くても」のダンプン母の方です)も、何かありそうな予感。なんとなく。

そうだよ、大事な人を忘れてたよ。イ・ソンギュンssi!
この回にはほんとうにチラッと顔が出ただけだったから。彼はモクソリが良いんだよねぇ。次回から本格的に出てくるかしら。期待♪
メロでもなく、専門職でもなく、(当たり前だけど)時代劇でもないのって、なんか新鮮です。
何を見せたいのか分からん。ぼんやりしてる。と言われたらば否定できないけど、1話を見た限り私は好きかな。チ・ヒョヌ君好きだし。
Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/420-0cb4ee2a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。