上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.06 いいかげんな興信所 #2


ムヨルが見つけた美女は、どっかのお嬢様?倒れていた彼女を事務所に運び、見守るムヨル、ヨンス、ヒギョン。
ブランド品大好き!のヒギョンは美女の持ち物が高級ブランド尽くめなのを見て、羨ましいやら腹が立つやら。自分の持ってるのは全部偽ものだからね…
意識を取り戻した美女は、なんの事情も語らず帰ってしまいます。

別の日。
この美女が屋上部屋に引っ越してきます。彼女の名はウンジェ。
ムヨルたちは、お金持ちがどうしてそんな部屋に越してくるのかと首を捻っていると、興信所にウンジェがやってきて…このビルで見つかった白骨死体の身元調査を依頼したいと言い出します。

幼い頃に誘拐され、未だに行方不明のままの弟に関係あるかもしれないと言うウンジェは、木の葉型黄金の大きな物を見せ、これと同じ型のものが死体の傍で見つかったんだから、身代金だったのかも…と。
またもや高額報酬に目が眩んだ3人は調査に乗りだします。

ちょっと割愛しますが…
死体のはめていた指輪が、ある炭鉱(?)の社員に配られたものだと言うことが分かり、そこから調べるうちに、死体が多指症だったということも手伝って、身元が判明します。
チェ・マンギという彼は、その後盗掘師に身を落としていたようです。要するに墓泥棒?

マンギの生前の日記を入手し、ウンジェに渡しますが…ヨンスはそのときの彼女の様子に確信します。
「弟が誘拐されたっていうのは、嘘でしょ?」


次回へ


不思議なドラマだわ。ただし、こだわりを表現したいのかもしれないけど、妄想シーンをいちいち挿入されるとイラッとします…ごめんね。←誰に謝ってるんでしょう、私。うりミンギに?(笑)
TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/413-b3547bb8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。