上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.09 魔女ユヒ #1


マ・ユヒ(ハン・ガイン)は広告制作会社代表。いっつも黒スーツ、黒ぶち眼鏡、ひっつめ髪。美人だろうにもったいない感じ。しかし、彼女の問題は外見よりも中身!

性格悪いっていうよりも、人を見下した感じですかね。会社の部下たちも皆「魔女」と呼び恐れています。

しかしそんなユヒも恋愛して、結婚もしたいんですね。
結婚相談所のVIPになっちゃうくらい、見合いを繰り返しているけど全敗。でも自分のどこがいけないのかも、ユヒには分かってない様子です。

チェ・ムリョン(ジェヒ)は一応コックさん、かな。親の反対にあいつつも、医学部を休学してまで調理師を目指して奮闘中なんですね。腕は良いし、舌も確かなんだけど…どの店でもシェフの料理に意見したり、勝手にアレンジしたりして長続きしないようです。
それでも憧れてる天才シェフに会いたくて、NYへの留学をあきらめられないのね。
両親は大学に復学して、医者を目指せって言うんだけど、内緒で退学しちゃいました。

ある日。
ユヒの数ある見合いの1つに、ムリョンがやってきます。
彼は結婚相談所に勤める親友の頼みで、やってきたんですが…ユヒの話が硬いんだな。
ムリョン見合い中に居眠りして、怒ったユヒに水をぶっかけられちゃいます。
ムリョンも腹をたて、「次に見合いするときは鏡くらい見てから来い」って。

そんな最悪な出会いでしたが…さらに2度めが最悪。
ムリョンはジャージャー麺配達中に、ひどい運転をする車を見て猛追します。その途中で、ユヒの(高そうな車)に追突。
お互いの顔を見てびっくりしますが…弁償させてくださいと言うしかないムリョン。ユヒの提示した修理費がなんと4千万ウォン!1週間で返せって言ったかと思えば、いつのまにか3日後を期限にされちゃって、頭を抱えるムリョンです。
親に借りようと思ったら、弟が彼女を妊娠させちゃってお金貸してくれ~なんて先に泣きつかれて、自分は何も言い出せないし。大学をやめたこともバレてつい、すぐに留学する!って言っちゃったことで、実家にも居場所がなくなっちゃいます。

ユヒの車の修理代はどうやっても払えそうにないムリョンは、体で返す、と。
で、ユヒんちのお手伝いさんすることになります。(気難しい魔女の家には家政婦紹介所からも誰も来てくれなくて、困ってたのね)
ムリョンは掃除も合格で、料理も上手だから仕事ぶりはユヒも気に入った様子。

別の日。
ムリョンの憧れの天才シェフがNYからやってきます。彼はジョニー・クルーガー(デニス・オ)。
母親の故郷、韓国にレストランをオープンさせたんですね。この店のマネージャーをしてるのが、スンミ(チョン・へビン)=ムリョンの夢の理解者であり、恋人。

ユヒはジョニーと知り合いで、レストランの広報も担当。
ジョニーは久しぶりにユヒに会えて嬉しそう…ん?レストランにユヒのお父さんである会長(だと思うけど)が来ますが、ユヒは避けてます。なにやら確執の匂いがしますね。

弟のカノジョが同居するようになって、家に居辛いムリョン。
ユヒの家の物置部屋で、成り行きで、というか渡りに船?で一晩過ごすことに。
しかし寝相が悪くて物音を立て、ユヒが不審者を捜索し始めちゃいます。
ドアの陰に隠れてなんとかやり過ごしたー…と思いきや。
ユヒが腹痛を起こしたのを見て、放っておけなかったムリョンは、声をかけちゃいます。
で、ユヒの鍋パンチが顔をヒット!


次回へ


ジョンフン君が導入部にしか出てこなかったですね。別にいいけど。
デニス・オssi、カッコいいなぁ。ダニエル・ヘニーssiから、甘さをちょっとマイナスして、精悍さを小さじ1プラスって感じ?
ユヒに早く可愛く変身してほしい。せめて外見だけでも。黒ずくめファッションはつまらないので。
初回だったので(わりと)丁寧に書きましたが、次回からはもうちょっと簡単に書くつもりです。
TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/398-9b3a0a91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。