上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.26 ケセラセラ #11~17 最終話


超まとめてで失礼します。なんとか未完の(未)を減らそうとあがいております。自己満足なんだけどね><
テジュはウンスのために、ウンスと別れへリンを選びます。
これを完遂するには、徹底した信念がなきゃいけなかったんです。何があっても、もうウンスの元へは戻らない、未練は捨てる!っていうね。しかしテジュの努力むなしく、ウンスとの縁は切れない状況になるんですね。
へリンの(血はつながってないけど)兄ジュニョクと、ウンスが結婚するという話になったから、さあ大変。
へリンとテジュは、気まずさを理由に2人の結婚に反対。職場も同じでさらに親戚になったら、どんだけ気まずいか!って。

しかし、ウンスは度重なるテジュの忠告に耳を貸すことはありません。
自分はもうテジュのことを忘れたし、ジュニョクも過去は過去だと理解をしてくれてるから、幸せになるために結婚する、と。

このあたりのテジュの行動はどうみてもウンスへの未練にしか見えず、当然へリンもそう感じ、苛立ちます。
へリンは本心でテジュを愛するようになったあたりから、ちょっと可愛い女になってきます。
テジュと婚約して、両親と4人で同居するようになるんですが、テジュを悪く言う母親から庇うし、テジュへの思いやりで我慢も(ある程度)するようになります。
テジュはそんなへリンを捨てるわけにもいかなくなってきますが…

ウンスと衝突を繰り返すたびに、ジュニョクとウンスの仲が確定的になるほどに、テジュは自分の気持ちを確信します。
ウンスを愛してるって。

ウンスとジュニョクは、あっさりと結婚します。
しかし幸せは彼らの中から壊れていきます。
ジュニョクは(育ての)父親への不信と、野心のためにデパートのっとりを企みます。株を集め、反会長派のチェ理事に従うと見せかけて、自分がトップになるよう虎視眈々。
ジュニョクは元々神経質ではありましたが、会社でのごたごたもあいまって、病的にテジュのことでウンスを疑います。
彼女が身ごもった子も、「本当は誰の子だ?」なんて言っちゃうんです。

このジュニョクというキャラは可哀そうではありますが、なんとなく同情しにくいです。素直じゃないからかな。
テジュのことで嫉妬してるなら最初からそう言えば、ウンスが流産しちゃうほどひどいこと言わなくて済んだと思います。
本当は小さくて弱い、愛されることをなにより望む男だって、ウンスに白状しちゃえば良かったのに。理解あるふりなんてするから、あとでツケがくるんです。

結局この流産をきっかけに、ウンスとジュニョクはしばらく離れることに。
ジュニョクの父親(会長)への不信は、実の父を彼が死に追いやり、それを隠蔽するために自分を引き取ったから。なんですが、これが誤解なんですね。
ジュニョクの実の父もチェ理事の策略で自殺したみたい。
でもそれを止められたんじゃないかと、会長は自分を責めて生きてきたのね。だからジュニョクを育て、やりたいようにさせてきた、と。
信用されてなかったんじゃなくて、会長も不安だったんだ、ということを知り、ジュニョクの心はとけます。

そして会社を辞し、NYへ。ウンスも一緒に行くつもりで空港まで行きます。
しかしジュニョクが彼女を手放します。
「ここ(空港)まで来てくれてありがとう」と、家族まで置いて、一緒に来てくれようとしたことに感謝をします。
そして2人は別れ…

テジュはジュニョクが辞めたことで、昇進が決まります。しかしその会議にテジュはやってきませんでした。
そしてへリンに別れを告げます。





2年後。

ジュニョクが一時帰国し、ヘリンとバーで会います。そこにテジュを呼んだヘリン。
ウンスとその後どうなったのか、2人とも気になるのね。テジュに尋ねますが、「一度も会っていない」とテジュは答えます。

その帰り道。
テジュは街角でウンスを見かけます。
「元気か?」とか当たり障りのない会話を交わしただけで、2人は別れます。

家までの道を歩くテジュ。
バスに揺られるウンス。
2人の胸には同じ想いがあるはずです。

そして…
テジュが帰ると、アパートのドアの前にうずくまるようにして、彼女がいます。
出会ったときと同じようにドアにもたれて眠るウンスを、人差し指で突付いてみるテジュ。

目を覚ましたウンス。
テジュは笑顔を浮かべ、ウンスも笑います。


~完~


終わり方が最高です。中盤のテジュの気持ちが理解できん!という感想はそのまんまですが、このラストはかなり好きです。序盤中盤はキスシーン多くて、濃い感じだったので、このラストが生きたんだと思います。
キスどころか抱擁もなし、笑顔をかわすだけ。
素晴らしいです。あまりにあっけらかんとしていて、このあとの2人を想像させられます。
カメラがぐるぐる回って(私の目も回って)抱き会う2人、とか。風船飛んでけーみたいなハッピーエンドには正直飽き飽きなので、とても新鮮でした。

星星星星

★はやや甘めで4つ。
レビューを書くのは辛かったですが、ラストまで見れば良いドラマだったのかも、と思えるでしょう。
TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/391-9c9900a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。