上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.20 ファンタスティックカップル #15~16 最終話
fanca16.jpg

↑ ↑ ↑ コッスン(爆)
サンシルは「チョ・アンナ」に戻り、ビリーと元のように暮らします。でもアンナはアンナであって、もうアンナじゃないのよ。
サンシルとして暮らしていた頃の自分がなくなったわけじゃないもんね。
以前は決してしなかったんですが、リゾートの従業員にも、労いの言葉をかけたり…
きっとサンシルとして暮らしてるうちに、自分の中に隠れてた優しさを見つけたんだよね。

ビリーは、自分がアンナを捨てようとしてやった数々のことを隠そうとし、チョルスに悪者になってくれるように言います。
それを受け入れたチョルス…

アンナはいつもチョルスが探しに来てくれたバス停に行きます。
そして、いつものようにアンナが「目についた」チョルス。

アンナは気持ちを整理しないと、辛くてしかたないでしょーね。だからちゃんとお別れを言って、チョルスに握手を求めます。
でもチョルスは背を向け…アンナは、そんなチョルスに背中に抱きつきます。
「忘れられるから、少しだけこのままで…」
「もう平気。もう忘れられそうだわ。さようなら。…それから私の名前はチョ・アンナよ」

チョルスは静かに涙を流します。
…辛いです。切ないです。

サンシルだった頃の気持ちは忘れると決心したアンナ。
それでもアンナはサンシルだった自分が懐かしくて、マッコリも花札も、ジャジャ麺も恋しくて。
なによりチョルスが恋しくて。
ビリーはそんなアンナを見て、ついに彼女を手放す決心をします。
アンナは1人でアメリカに発つ準備を。

そしてカンジャがまたやってくれます。アンナの家までやってきて、「オンニー!帰ろうよ~!!!」って。
アンナはカンジャを帰そうとしますが、このままじゃカンジャも子供達も、自分を待ってしまって辛いだろうからと、お別れを言いに行きます。

チョルスの家の庭。
コッスンと遊んでた3ソク。アンナを見て、嬉しくて駆け寄ろうとします。
でもアンナはお別れを言います。もう会いたくても会えないから、耐えるのよって…
子供達は、アンナに抱きついて「どこにも行かないで」って涙涙。
ここで初めて、アンナは子供達3人の名前を呼びます。「ジュンソク、ユンソク、グンソク…元気でね」

その後、いつまでも着いてこようとするカンジャに、アンナは言います。
ア 「着いてこないで!愛することも、愛されることにも自信がないから逃げるのに…!邪魔しないで!早く消えて!
   …あんたがそんなふうじゃ、私動けないのよ!」
カ 「オンニ。今、凍ってるの?」
ア 「…」
カ 「じゃあ私がチンしてあげる」

そして大声でカンジャ「チーーーーン!」って。
「行きたいなら行ってもいいよ。でも雪が降ったら会いに来てね」と。

やっばい。超泣ける。なんて上手いの。脚本がね。名場面だよ。

ビリーはアンナを、チョルスの元へ帰そうとします。でもアンナには待つ自信もすがる自信もないのね。
その頃、チョルスはサンシルが家中に隠したへそくりを見つけて、切なくなってました。

そして車中のアンナ。
なんとそのとき、雪が降り出します。
道をのろのろ走る耕運機のせいで、アンナの車が立ち往生。
プリンセスが逃げ出しちゃって、聞いた道を戻りつつ捜すアンナ。

チョルスは突然の雪で仕事の依頼があって、でかけます。
でも渋滞してて一向に車列は動きません。それはプリンセスを捜すアンナのせいで…

地元の仲間から「お前が前に捜してた女がいるぞ」と連絡を受けたチョルス。
我慢してた気持ちが折れたのね。車を降り、アンナを捜します。

そしてアンナを見つけて
「お前がチョ・アンナでもナ・サンシルでも愛してる!」って。

アンナすがれなくても、すがられるのは大丈夫なのね。
道の真ん中で抱き合う2人。


~その後。
コン室長はドック母とラブラブ。

ユギョンは、アンナを見て悟ったのね。自信の元はお金!
財形貯蓄なんかして、美貌に財力も加えて良い男を捕まえる気満々。

砂浜には並んで座る幸せそうなチョルスとアンナ。もうすぐ結婚?


~完~


面白かった~泣けたし。
文句言うとすれば、最終回のチョルスの行動かな。ハッピーエンドでいいんだけども、チョルスには自発的に「もう耐えられない!アンナに会いたい!」って、会いに行ってほしかったかなぁ。
ほら、仕事に出かけようとして、たまたまアンナの引き起こした渋滞にはまったから会えたわけで…
そーじゃなくて、もっと感情に突き動かされてほしかったです。
そしたら、もっとキュンとできたかも。そんな細かい文句はありますが、星は…

星星星星星

5つで!
彼の「サランへ!」はやっぱり良かったし。ぶっきらぼうで、言い慣れてない感じにグッときたしね。
オ・ジホssiは、西洋的な顔立ちだって言われてますが、こういう田舎者が妙に似合いますね。色黒だから?

ハン・イェスルssiはこの役ハマりすぎで、この後の作品選びに苦労するだろうなぁ…
と最初に見終わったときにも思いましたが、やっぱり苦労してますね。映画コケちゃったし。
頑張れ~!サンシルを越える役が見つかるといいですね。CMで見かけますが、やっぱりキレイだし。歌も上手いしね。
Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/384-883befcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。