上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.20 ファンタスティックカップル #6
レビューはずーっと中断しちゃってたんですが、大好きなドラマなんです。ふと見たくなって、最初から見直したらやっぱり面白いんですよね~
ものすごく雑なレビューでもないよりマシか、というわけで続きを書きます。

サンシルは、3ソクにジャジャ麺をおごってあげるつもりで、皆sw揃って外出。
しかしそこにコッタバル(ユギョン)が現れ、子供達はピザにつられ、ユギョンについてっちゃいます。
その後ユギョンは急用で、子供達を置いて行ってしまい…

お持ち帰りしたジャジャ麺を、サンシルが食べているところに腹ペコな3ソクが帰って来て、ジャジャ麺食べたいって
駄々こねるこねるんです。
しかし1度逃したものは戻ってこない、と人生の心理を説くサンシル。

それをチョルスが子供達に意地悪してると勘違いして、サンシルを怒ります。
でも子供達も、元はと言えば自分たちがサンシルを裏切ったからだと分かってるのね。
原因を知ってチョルスは、まずったなぁ…って。
つい「追い出すぞ」みたいなことも言っちゃったしね。

サンシルはその後、むきになって農作業を手伝ってみせたり。チョルスへのあてつけね。
農作業後、マッコリで泥酔したサンシルは踊りだすし、まっすぐ歩かないし、田んぼに落ちるし…呆れるチョルス。
でも記憶が戻るまでは追い出さないでほしいと言われると、胸が痛むのね。自分もサンシルに情が移るのを恐れてる
というか…

で、再びサンシルの乗ってたクルーザーを捜します。
しかしビリーとコン室長が、先に手を回したせいで。手掛かりなし。どうすることもできないチョルス。


次回へ

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/377-9cac206d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。