上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.28 ビフォー&アフター整形外科 #6
bofore-7.jpg

今回の患者は歌手の青年ドンジュンです。2年前に事故に会い、顔に傷を負って渡米。
アメリカでも手術をしたけどあんまり効果がなかったようで、その手の手術で高名なヨンウを頼って来院したんですね。
2年前は人気のあったドンジュンですが、今はみな彼を忘れ去り、マネージャーをしてる友達さえ「あの人は今」みたいな
番組に出るように言います。
このマネージャーにしてみれば、それも復帰のチャンスになると思って勧めてるんだろうけど、ドンジュンはプライドが許さないのか、出演したくないって。
「そんな番組のために手術させるつもりだったのか?」と手術もキャンセル。
マネージャーと決裂しちゃいます。

さらにもう1人。
イ・ヒョリみたいになって歌手になるのが夢な女性ジへですが…どこをどういじってもヒョリにはなりそうにありません。

ヨンウは誕生日の告白以来、ギナムを微妙に避けています。
だから凹んでるギナム看護師。
誕生日プレゼントにするはずだった人参酒で1人酒~。ゴンスに絡むし吐くし。
しかも一度だけじゃなくて、ユン室長やジョンスン看護師と居酒屋で飲んだあとにも、酔っぱらってゴンスに抱きついたり
(というよりは、へばりついたり)して。
ゴンスは文句言いつつ世話焼いて、ユン室長はそれをちょっと不愉快そうに見ています。

ソ・イヒョンちゃんは酔っ払い演技してるときが1番可愛いなぁ。

さて手術を拒否するドンジュンですが…ヨンウは彼の気持ちが分かるんですね。
手術を受けて自分も人生が変わった経験があるんだもんね?(まだこの辺の話は詳細が出てきません)
何度も説得のためドンジュンの元を訪ねます。しかし彼は心を開かず。
ギナムはヨンウのために何かしたくて、ヨンウに内緒でドンジュンを訪ねます。
2度めには例のイ・ヒョリになりたい患者ジへを連れて行きます。
彼女は2年前ドンジュンの歌を聞いて、自分も歌手になる夢を持てたんですね。純粋なファンだったんですが、何もかもを傷のせいにして、歌おうともしない彼に失望します。
そして考えを変えます。歌手になりたいけど、イ・ヒョリじゃなくて、自分のままで頑張ろうって。

あ、もう1つ書き忘れてましたが。
もう1人患者がいました。そのままで完璧に見える美人なんですが、誰も自分に近づいて来てくれない、それにはどこかが完璧じゃないんじゃないか、との訴え。ふくらはぎのラインだったり、あごの形だったりね。
ヨンウは有無を言わせず「精神科へどうぞ」と言い、ゴンスはそんな彼と対立します。
その後、また鼻の手術をしたいと言ってこの患者がやって来て…ゴンスは手術をします。
しかし…鼻をほんの数ミリ低く(!)するための手術。
患者と相談の上、完璧すぎるから人が寄り付かないんじゃ…?という結論に至ったんでしょうね。
患者は手術に満足し、その笑顔はなんだか優しいんです。
それを見たヨンウはゴンスが、ただお金儲けだけの医者じゃないと思ったみたい。

ヨンウは患者に手術が必要かどうか、自分の判断を曲げませんが、ゴンスはもうちょっと踏み込んで、患者の満足を探るんですね。美容整形するお医者さんに向いてるのはやっぱりゴンスかなぁ。

ドンジュンはその後のヨンウの説得で、結局手術を受けます。まだ薄く傷の跡は残っていますが、再起の一歩。
ストリートライブをしていますが、デュエットしてるのがなんとジへ。2人のハーモニーに観客も拍手を送ります。

ジヘが手術しないことを決意したのも、ドンジュンがヨンウの説得に耳を貸したのも、ギナムのおかげ。
ヨンウのギナムへの態度は軟化し、この2人の新たな一歩か?
と思いきや。
訪ねて来た女性患者が、ヨンウと知り合いのようで…


次回へ


この回はちょこっと退屈でした。

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/365-4334874e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。