上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.27 黄金花嫁 #62~63


ソンイルと言い争いするうちに倒れてしまったオッキョンは、そのまま入院…
医者は精神科での治療を勧め、ソンイルは心配しますが、ヨンスに病室を追い出されちゃいます。
翌朝。
チンジュはいよいよトック店オープンが近づき、家族皆がそれぞれに店名を考えてくれました。
ウナムはチンジュのために、立地の良い場所にお店も内緒で用意していました。
感激で言葉に詰まるチンジュ。一生懸命頑張って、ウナムやハンスクに楽をさせてあげますと約束します。

その頃、オッキョンは退院します。ソンイルが止めても聞かず帰宅。
すると…なんとソンイルの荷物がまとめてあり、オッキョン「出てって」と。
出て行かないなら自分が出て行くと言われ、ソンイルは家を出て、ボクリョ先生のところへ。

さてジヨンは今度こそ離婚に合意する?
…あ、やっぱりまだダメだった(笑)裁判所での協議中にいきなり「離婚できないわ!」って離婚届奪って、逃走。
イタい。イタすぎる。オッキョンよりも精神科に行くべき人です。

チンジュは皆の出してくれた店名候補をボクリョ先生に見せ、選んでもらいます。
先生が選んだのは…「黄金新婦」というジュヌの考えた名前。実はチンジュも心の中ではこれに決めてたらしく、
嬉しそうです。
先生はジュヌが「黄金新婦」とつけたことに、ものすごく感銘を受けてます。ジュヌがどれだけチンジュを愛していて、
大切に思ってるのかこの名前に表れてるもんね。
すごく幸せそうなチンジュだけど、その帰りにやつれたソンイルの姿を見て、心配になります。
(ちなみチンジュたちはまだ、オッキョンにばれたことを知りません)

ジヨン本当にヤバイな。家に上がり込み、寝ているオッキョンに離婚したくないと懇願。
しかし反応のないオッキョン。
ジヨンが揺すっても反応がない。というか意識がない!

えー!薬飲んだの!?自殺未遂。
発見者がジヨンでも早く気がついてよかったね…
オッキョン病院に運ばれ、なんとか助かりました。

ジヨンはこの件でついに、ようやく、やっと(笑)自分がどれだけ周りの人間を傷つけてきたのかを自覚します。

最近ヨンスの様子がおかしくて心配していたセミですが、オッキョンが自殺を図ったと連絡を受け、唖然。
チンジュはセミからオッキョンのことを聞き、ソンイルが実父であることが知れたんだと確信します。
そしてセミに、自分の父親がソンイルであることを話します。
ますますショックを受けたセミですが、今はヨンスが心配だし、病院へ駆けつけます。

セミは、チンジュがソンイルの娘だとしても、自分たちの関係は何も変わらないと、ヨンスに言います。
しかしヨンスは、そんなことあり得ないって…終わりだって…
そこにチンジュとジュヌもやってきますが、ヨンスはチンジュに肩をぶつけて出て行ってしまいます。

うむむ…気持ちは分かるけど、ちょっとヨンスの態度は子供すぎる。これじゃセミだって、チンジュに罪がないことは頭で分かっても、複雑なんじゃないかな。

その後。
心身ともに弱ってしまったオッキョンは、ソンイルから離れることを選びます。オッキョンは、昔ハンスクからソンイルを奪ったことを、一度も悪いことだと思わずに生きてきた罰を、今自分は受けているんだ、と。
悲痛なオッキョンだけど、このへんがジヨンと違いますね。ちゃんと考えてるもん。

チンジュは、ソンイルの家庭が壊れたのは自分のせいだと思い、気に病んでます。
もし自分がいなかったら、オッキョンもヨンスもセミも辛い目に会わなくて済んだ、と。
ジュヌはそんな彼女に言います。
「君が両親を選んで生まれたんじゃないだろ?だからそんな馬鹿なことをこれ以上言うな。
 君は僕のためにこの世に生まれたんだって前に言ったろう?
 …僕には君が必要なんだ。それだけで君が存在する理由に十分じゃないか」

そして翌日。<黄金新婦>開店の日ですが、まだ元気のないチンジュには笑顔が見られません。
そこでジュヌのしたことは…車に積んでた風船とばして…
風船吸うから、もしやとは思いましたが、ヘリウムガスでおかしな声にー!
そしてその声で「チンジュヤ~♪ウルジマラ~♪オッパガイッタ~♪」(泣かないで、オッパがいるよ)と歌います。
いや~!ここだけでも良いから見てほしいなぁ(爆)
そのあと真面目に「ヨンスには時間が必要だ。セミも君のせいじゃないって分かってるよ」って言われても~~^^

その頃、ジヨンとヨンミンは離婚成立。ジヨンはハワイのオモニのところに行くらしい。ジヨンやっと人間になりましたね。
「遅すぎたけど、愛してくれてありがとう。私を忘れて新しくやりなおして」と。1人涙。
でもごめん。全然可哀そうじゃない。つーか不幸が足りない。

トック店<黄金新婦>には知り合いがお祝いに来てくれますが、セミが来てから挨拶したいチンジュは、外で待ちます。
そしてセミがやって来ます。偉いね。辛いのに、ちゃんと「おめでとう。オンニ」と言えました。
で、皆で乾杯。
チンジュにとって幸せな日になりました。

ハワイに発つ前にジュヌに会いにきたジヨンは、最後に言いたいことがある、と。
心からの愛がなければ、絶対に幸せになれないこと。愛だと思ってたのは、誰かを愛する自分を愛してただけだということに、やっと気がつくことができた。
そう言い、ようやく本心からの謝罪をします。
「ごめんなさい。あなたにしたこと全部。
 振り返ってみたら、恥ずかしくて、消してしまいたい瞬間だわ。…ごめんなさい」
ジュヌは彼女を許します。「きっとちゃんと生きていける」って励ますんだから優しいよね。

オッキョンはヨンスに着いてアメリカに行くことにしたみたい。セミは関係ないんだから会うようにヨンスを説得したようですが、
ヨンスは韓国を離れたいと。
@空港。
旅立つヨンスを、そっと物陰から見守るセミ。ヨンス気がつきますが…無言のまま行ってしまいます。
今はヨンスにもどうしようもないみたい。気持ちの整理をする時間が必要です。

ある夜。陣痛が来たチンジュは病院へー!
そして無事男の子出産。


最終話へ。


韓国はへその緒、旦那が切るの!?日本もそう?実はよく知らない(笑)
さて最終話を残すのみになりました。
さっきもちょっと呟きましたが、ジヨンの不幸が足りません。なんか予告でも元気だったしさー。というかもうハワイ行ったきり音信不通で結構ですから。彼女の後日談とか要らん。
Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/363-8a84c75c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。