上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.16 黄金花嫁 #59
golden51.jpg

夫にいきなり怒鳴られたオッキョン。彼女はソンイルを疑ってるんじゃなくて、
あくまで、本当にジヨンが援助したんじゃないのかってことを明らかにしたいんだよね。

しかしソンイルの過剰反応にますます、何かあるはず…とオッキョンは疑いを深めます。
だから自分で、ウナムの工場を援助した人が誰なのか探ります。
ウナムの会社に発注をした工場を訪ねて、工場長に尋ねますがソンイルは先に手を回してて、なにも教えてくれず。
しかし、お金に目が眩んだ工場員が、ウェルビーイングフードの指示だとオッキョンに密告。
でもこれじゃージヨンにも可能性はあるもんね。躍起になるオッキョンです。

チンジュは大丈夫でした。赤ちゃんも無事。
ホッとしたチンジュは早速最終試験に向けてレシピを考えたり、練習をしたりと熱心です。
第2試験はチンジュの負けになったのね。体調が悪かったとは言え、失敗しちゃったから。つまり最終試験に勝った方が、
ボクリョ先生の後継者になれます。

オッキョンはジヨンの部屋で、ジヨン母が娘に残したメモを発見。
そこに書かれていたのは、ソンイルとウナムの工場には何か深い縁があるはず…という示唆でした。
ジヨン母はいざというときに娘の切り札になるかもしれないと思って、資料を置いてったのね。

ますますオッキョンの疑心は膨れ上がり…ジュヌに会いに行きます。
チンジュを見舞ったソンイルと一体なにを言い争っていたのかと問いますが、ジュヌは話しません。
でも否定もせず「直接社長にお尋ねください」って。

さて、いよいよ後継者決定の最終試験。今回は審査員も2人追加されてますね。
ジヨンのトックは見た目、味ともに洗練。
チンジュのは、人参の味と香りを両立させるための工夫をしたらしく(この辺テキトウに見ちゃいました。すいません)、その点が評価され、見事審査員全員一致でチンジュの勝ち。
ジヨンは自分がどうして負けたのか納得できず、「ハルモニはあんまりです!」って涙を流して席を立ちます。
……自分が勝って、もしチンジュがそう言ったら、「それが勝負ってものよ」とか絶対言いそうなのにさ。いつまでも進歩のないジヨンです。

ボクリョ先生は、チンジュを後継者と認め、名前を与えると言います。
しかしチンジュは
「ハルモニの名前を受け継ぐことはできません。もしハルモニの名前を継いだら、アボジとの関係を断ち切ることができません」
と涙ながらに話します。
「アボジが私を認めてくれないなら、私も忘れます。
 私の愛する人(ジュヌのこと)が、私のせいで胸を痛めるのをこれ以上見ていられません…」
だからハルモニのそばにも居られない…と泣きながら謝るチンジュ。ボクリョ先生は健気なチンジュに心を痛めます。

ジュヌはチンジュの決心に感謝し、プレゼントを。
ジュヌはチンジュに内緒で、飛行機のチケットをベトナムに送っていたんですね。
なんと明日、チンジュ母が韓国に来るんだって!1年ぶりの再会に心弾むチンジュは、その夜眠れず…

そして翌朝。
空港に母親を迎えに行ったチンジュとジュヌ、ハンスク。到着ゲートから出てくるのを今か今かと待って、チンジュは
落ち着きがありません。

そして…チンジュ母の姿が!


次回へ

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/357-7a41dcc3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。