上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.13 黄金花嫁 #57~58
golden50.jpg

ジヨンはチンジュに、次の試験を先生に分からないように失敗してくれ、と頼みます。
ボクリョ先生の名を継げなくてもチンジュは商売が出来るけど、自分はこの試験に勝たないと人生終わりだと訴えますが…
当然断るチンジュ。これまで教えてくれた先生を騙すなんてとんでもないって。
するとジヨンは腹を立てて、先生のところへ。
審査判定をする人を他にも入れてくれと言います。
それはつまりボクリョ先生が公平に判断してないと文句言ってるのと同じで。先生は「どうして公平じゃないと思うのか、理由を言いなさい!」と。
ジヨン「私もチンジュssiが誰なのか知っています。20年前にホーチミンでお義父さまの娘として生まれたこと」

それをチンジュが耳にしてしまいます。チンジュはすぐさまソンイルの会社へ向かいます。

そして泣きながらソンイルに、「お父さんなんですよね。もう否定しないでください…」と。
このドラマで初めて号泣。イ・ヨンアssiの演技が素晴らしいです。

ソンイルは自分が父親であることを認め、チンジュを抱きしめます。
だからと言って観念したわけではなく…今後は父親なんて忘れて、二度と会えないとか言うんですよ。
チンジュはせめて一度、母親に会ってほしいと泣き崩れますが…

そこにジヨンから連絡を受けたジュヌがやって来て、無理矢理チンジュをその場から連れ出します。
茫然自失のチンジュ。
ジュヌはそんなふうに苦しむのを見たくなかったから、ソンイルのことを話さなかったのに、ジヨンのせいで台無し!

ジュヌは、ソンイルが何を言おうと何も変わらないとチンジュに言います。
「もう父親に会うことは(一旦)諦めたんだ。だから心を痛める必要もない!父親が元気だったことで満足して、ほっておこう。もう連絡もしちゃダメだ」
今は虚しいと思うかもしれないけど、自分が父親の分までチンジュを大切にする、と言うジュヌ。

しかし…チンジュは翌日も朝からソンイルの会社のロビーに居ます。ソンイルに門前払いされて、
夜まで外のベンチに座っているチンジュの元に、ヨンミンから話を聞いたジュヌがやってきます。

ジュヌも辛いよね…
チンジュが心配で心配で、言うこと聞いてくれないチンジュに腹も立つわけですよ。どうしてあげたらチンジュが穏やかに暮らせるのか、そればっかり考えてるのに、チンジュは1人で自らが傷つく方へ向かってっちゃうから。

「もう止めよう。お願いだから、もうよしてくれ」
そう言うジュヌの胸で涙を流すチンジュ…

そして翌日。
ボクリョ先生の第2試験の日です。
ジュヌはまだ具合の良くなさそうなチンジュを心配しますが、途中であきらめたくないチンジュは試験を受けにいきます。
トックのケーキを作る試験なんですが、チンジュお腹に痛みを感じつつ、我慢して作ります。
そのせいで、チンジュのトックは何か基本的なことで失敗していたらしく、先生に叱られますが…
そのとき、お腹を押さえてチンジュが倒れてしまいます。驚く先生とジヨン。

病院に運ばれたチンジュは多少出血もあったようで、今晩は様子を見ることに。

ボクリョ先生はソンイルにチンジュが入院したことを告げ、ソンイルはお見舞いに行きます。
眠るチンジュの傍にいるソンイルを見て、ジュヌは怒りを顕わにし追い返そうとします。
その言い合いをお見舞いに来たヨンスが見てしまい…ヨンスは、父親が1人でチンジュのお見舞いに来てることに
首を傾げます。
そしてそれを他意なく、母オッキョンに「なんでだろーね」って感じで話します。
さらにヨンスは、セミがジヨンに別れるように脅された時、ウナムの会社を援助したと言っていた、という話もします。

それをオッキョンは、ウナムの会社を援助するなんて、ジヨンはジュヌに未練があったんじゃないの!?と思うんですね。
でも実際は、これはジヨンの嘘なわけですよ。
本当はソンイルがチンジュのために援助をしてるんですが、過去を隠すために自分がやったことにしたんです。
オッキョンに責められ自分が援助したんじゃないことを白状したジヨン。
すると当然、じゃあ誰よ!?って話ですよね。
でもジヨンがそれを話しちゃったら、ヨンミンの怒りを買い、即離婚だから言えません。
だからって、「自分で調べてみてください。驚きますから」って…オッキョンにバレる方向に促してんじゃん!
ホント自分勝手なんだから。(呆)


オッキョンはジヨンの言い草に腹を立てつつ、やっぱり気になって、ウナムの工場を援助してるのが誰なのか、ソンイルの秘書に調べさせます。
それがソンイルの耳に入り…

オッキョンがこの秘書に調査経過を聞こうと電話しているときに、「なんのつもりだ!!!」と、ソンイルが怒鳴ります。
そして電話をとりあげて、床に投げつけた!
驚くオッキョン。


次回へ


ここに来て展開早いです。今までの遠回りはなんだったんだ!とちょっと文句言ってもいいよね?
あと6話頑張ります^^
TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/354-5b214a8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。