上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.04 黄金花嫁 #54
golden42.jpg

病院に運ばれたヨンス…
連絡を受けた、家族たちが病院に駆けつけます。
ソンイルはヨンスがセミをかばって事故にあったことを知り、彼女を責めます。「こんなことになる前に別れろと言っただろ!」

はぁ~~~!?真剣に腹立ちました。
そういう問題か?

そこにハンスクが現われ、セミをかばいます。
で、ソンイルに反論。
「もっと早くあなたが許してればこんなことにはならなかったのよ!人を責める前に自分自身を考えてみなさい」って。

そのとおりなんだけど…オッキョンにしてみれば、誰の責任とかよりもヨンスが心配。この場はオッキョンが1番正しいですね。

手術が終わり、一命はとりとめたヨンス。
目を覚ましてまず口にした言葉は「セミ…?」でした(涙)

ていうかソンイルさ、そこでオッキョンが「セミを連れてきて」って言うのに「そんな必要ない」とか言う?
本当に腹立つんですけどーーー!怒
ヨンミンがセミを連れてきて…ヨンスは弱々しい笑顔を浮かべ「大丈夫か?怪我してないか?…俺は平気だから心配するな」って(涙)

こうして駆け落ちは終わりを告げ、セミは家に戻ります。

翌日。
ボクリョ先生の第1試験が行われます。これにチンジュはあっさり勝利します。
ジヨンの作ったトックは見た目も味もいいけど、子供や若い人向けに作ったという意図がみえみえなのがいけなかったのかな。
賢いけど、心がないという評価をされ、屈辱を味わうジヨンです。
一方のチンジュは、目新しさこそないものの、伝統的なトックを基本に忠実に作ったことが認められての勝利です。

嬉しくて仕方のないチンジュですが、そこで思いつきます。
いっつもからかわれてるから、たまには旦那をからかってやろう!ということで…
心配顔で迎えに来たジュヌに、落ち込んだふりをします。チンジュが負けたと思い込んだジュヌは、慰めようと必死。
レストランではピアノの弾き語りまでしてあげます。
チンジュ夜になってやっと本当勝ったと告白し、ジュヌは騙されたー!って(笑)喜びを分かち合います。

さて、敗者ジヨン。
彼女は勝って当然くらいの気持ちでいたので、ヨンミンに「お祝いにお酒おごってね」なんてデカいこと言っちゃってたんです。
でも負けて、勝敗をつげないままヨンミンをバーに呼び出そうとします。
結局いくら待てどもヨンミンは来ませんでした。怒り狂うジヨンは、ヨンミンの部屋に行き、文句を言います。
「なんで来なかったの?!」
「俺はお祝いはすると言った。慰めの酒だとは言ってない。(必ず勝つと言ったのに)約束を先に破ったのはそっちだろ」
そんなこと言われた後に、「慰めて」ってヨンミンにしなだれかかるジヨンの神経ってどーなってんの?
この2人のやりとりがなんか不自然で見ていて不快~。


翌朝。
久々に家族全員揃った(ウォンミも呼んだのね)食卓はにぎやかで、明るいです。
ヨンスが回復したら、すぐに婚約すればいいと言うハンスク。
でもセミは、いつか父親が許してくれると信じているヨンスの気持ちを尊重したい様子です。そして、ジュヌは考えた末、
ソンイルを訪ねます。会社の地下駐車場でまたもやジュヌを見たジヨンは…

母親が以前に言っていたことを思い出します。ジュヌの父親の会社をウナムが援助しているのには何か理由があるはずだ、という疑惑。
ジヨンどう出るか?


次回へ


はぁ…ソンイルの往生際の悪いったらないわ。献身的に看病するセミをヨンスのいない間に追い返すしさ。
ジヨンもどーでもいいことにいつまでも粘るし。
あと10話になりました。後何話で、ソンイルがチンジュ父だったバレるのかしら。早くばれちゃえばいーのに。
Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/345-9f55c5a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。