上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.14 じわじわキくK-POP♪
じわじわキく…とは、一度目に聞いたときは「ふーん」程度で通り過ぎてしまった曲が、その後の二度三度目で
いつのまにか口ずさんでたり、余韻が残る曲を紹介します。
あくまで、「私にじわじわキく曲」ですので、あしからず。
文字リンクへ飛ぶと音だけで聴けます。音量に注意してください。

声に力のある歌い手が持て囃されることが多い、(そんな気がする)韓国音楽界。
私も今までスルーしてたんですが、名前はちゃんと知ってました。というか十分有名ですよね。

もう一度の別れ ソン・シギョン


これまで私にはちょっと物足りなく感じられた、柔らかい歌声ですが、この曲は盛り上がりがあって、
ものすごく良いです。
詩の内容は…
別れた恋人の近況を友達から聞かされ、そのとき笑うことができた。別れたその日がようやく遠ざかったと実感する男性(?)の心境を、「もう1度の別れ」として歌ってるんですね。
ラストのラスト「どこで生きようと、どうか(君の)悪い安否を耳にしないように」ってのがツボです。
安否=近況、たより、消息という感じでしょうか。
うーん、こうやって書いてみて改めて歌詞が良いなーと思います。深い。


次に新人さんです。パク・ジニョンssiプロデュースらしい。

男のせいで Joo


「これ以上男のせいで、泣いたり笑ったりしないように。私は自分の足で立ってみる」というような歌詞。
若いです。17歳。歌声もまだ若くてまっすぐ。
素直に伸びる高音が素敵だと思います。詩は、ちょっと17歳が歌うような感じじゃないけどねー
ライブで歌ってるのもあったので、載せとくけど…一体何歳ごろから訓練したらこうなるんでしょ。幼い顔と歌が似合わない。でも好き。



それにしてもパク・ジニョンssiどんだけ儲けるつもり?ペ・ヨンジュンssiを抜いたらしいね。
自分で歌ってる曲も売れてるよね、最近。ちょっと変なダンスだけど(笑)


真っ黒に MtoM


元々はSG wanna beのジノが参加しての2人組だったせいか、好みな感じの曲が多いんですが…
MVが怖いんですけど!見れないんですけど!(震)
詞はサビのとこだけ書いとくとこんな感じ。
「真っ黒に胸が燃え上がって、真っ白に涙が流れても、君を放してあげる。忘れてあげる。僕らの愛など最初からなかったことみたいに」
うーん?歌詞はたいしたことないか?ちょっと抽象的で分かりにくい。別れの歌には違いないけど…
やっぱり声は好きだなぁ、と。


視聴中ドラマ「悪い愛」のOSTから2曲いきます。

胸が悲しくて tei
これは、劇中のヨンギの心境そのまんまって感じ。
「毎日胸が苦しくて、毎日涙が流れる。思い出がたくさんありすぎて、君を消すことも、憎むこともできない。また僕へと戻ってきてほしい。どうか愛してほしい」
あ、思い出した。teiが昔いたバンドの名は…「青酸カリ」(爆)
話が反れましたが、↓ ↓ ↓ こっちはインジョンの心境そのまんま。

言葉なく泣いても T(ユン・ミレ)
この曲はかなり好き。歌うまい!声渋い!メロディに言葉を置いてくるような(分かる?下手な例えですみません)歌い方がいーなぁ、と。


さて次にカラオケで歌いたくてしょーがないこの曲をどうぞ。

悲しい足どり(靴) SeeYa

失恋の歌ばっかだな。
サビ「どこへでも行きたい。あなたを思い出さない場所へ。この靴に任せて、傷も涙もないところへ
もしや連れて行ってくれはしないだろうか」
気持ち良さそうだよ。このサビのラストは。「ホクシ ナル テリョガジュルカーァー↑」かなり歌いたいです。


お次は、既にカラオケで(下手くそに)歌いまくったこの曲。

10日だけ J(ジェイ)


この曲こそ、じわじわクるというテーマに相応しいかも。歌声は軽いんですが、この方の高音は独特で素敵です。
(乱暴な要約だけど)「別れる準備をするから、10日間だけください」というような歌。
歌ってみると分かりますが、意外に難しいメロディです。

今日はこのへんで。
後半、テーマから若干外れたような気もする。でも、まぁいいか。
さらに画像の枠色が統一されてない…ま、いいか!
TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/335-f3cd834b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。