上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.07 悪い愛 #10


寝てたヨンギですが、父親が怒り部屋を訪ねてきたことで事態を理解します。そしてインジョンを追いかける。
インジョンの思惑としては、会長に反対されれば、もうヨンギも諦めざるを得ないってこと?
本当にインジョンの気持ちが分からんなー…

そして皆さん大集合。
インジョンの手を引いて車に乗り込もうとするヨンギを、父会長が止めます。自分の目が黒いうちは絶対に2人の
関係を許さないと。
それを振り切って行こうとするヨンギですが、インジョンが言います。

「イヤ。あなたが本当にイヤ!」
苦しめられるし、惨めにさせられるし、こんなふうに泥沼みたいな関係がイヤだ、と。
「私はあなたとは違うの!あなたのように愛に命まで懸けられない!無謀で執拗なあなたにうんざり!」

そこにジュランが割り込み…
ヨンギに、インジョンがスファンの子を妊娠していたことを勢いで話してしまいます。
ヨンギよりも、傍で聞いてたスファンの方がびっくりしてるけど。

そこに遅れて会長が追いつき、ヨンギを引き止めるので、インジョンは行ってしまいます。
今ここで終われ(別れろ)と会長は言いますが…

ヨ 「ああやって行かせてしまったらダメなんです。あいつは、あのままだったら生きていけるかどうか。
  俺が傍にいなければいけないんです!」
会 「こいつ!正気に戻れ!」
ジ 「あんた気でも狂ったの!」
ヨ 「そうだ。俺は狂ってる。あいつに俺は狂ってるんだ!」

ヨンギは父親を振り切り、インジョンの乗った車を追いかけます。
インジョンはヨンギが追って来るのを見て、話をつけるため車を降ります。

これまでの愛が本物だったなら、今こうして逃げたりしない。愛したんじゃなくて、愛するという時間を愛したんだと
話すインジョン。つまりはヨンギのことを本当に愛してたんじゃない、と言いたいわけね。
それに対してのヨンギのセリフがなかなかすごいです。

「俺の愛が傲慢でも、執着でも、俺が愛したんだからお前は俺の愛だ。
 お前が俺を愛そうが、愛した時間を愛そうが、俺は俺の方法で愛する!」

さらに返すインジョンのセリフもすごい。

「あんたのその執着が彼女(ジョエンのこと)を死に追いやったんだわ!
 手を離してあげたら、行かせてあげたら死ななかったかもしれない!彼女のようになるのはイヤよ。だから私を放して!」

うーん。そこまで言う?
ヨンギはその後「お前のせいで、俺の愛を失った。お前を許さない!」とか言うてますが…
その後ヨンギが1人でホテルに戻ると、会長が倒れて救急車に乗せられるところでした。

そして、会長あっけなく亡き人に。

インジョンは、インスおじさんの居る港町に戻ります。そしてヨンギ父の訃報をおじさん経由で耳にし、
また逃げようとしますが、チャンスクオンニに「この場所で耐えて泣いてこそ、忘れられる」と説得され、留まることに。

インスおじさんは会長の葬式で、ヨンギに言います。
女は愛を怖がる。それはヨンギの母さんも同じだった。だからインジョンのことは縁がなかったと思え、と。
ヨンギ母はヨンギを会長の家庭に預けて、自分は病気と闘ってたのかしらね。
インスおじさんはそんな彼女を支えようとしたけど、受け入れられなかった、ということ?

ここでまたヨンギのすごいセリフ。

「許されない愛だから俺の心を懸けたんだ!傷だらけの女だから、俺が抱きしめてやりたかった!
 俺を捨てることなんて出来そうにない女だと信じたから、ただの一度だって揺らがず、信頼に責任を持ちたいと思った。
 俺を愛してるくせに近づいてこれない現実から、インジョンを引き離そうと俺はもがいたんだ!
 危険なほど、むごいくらい、俺は愛することを確かめた。そうして俺の全てを懸けた!それなのに、ナ・インジョンは
 カン・ヨンギを信じることが出来なかった。
 現実を怖がって、俺を手酷く捨てたんだ!俺の胸に太い釘を打ち込んでまで!」

ヨンギはこれからインジョンをどうしようか、ゆっくり考えると言い…これにはおじさんも返す言葉がありません。

こっからちょっと端折りますよー
ヨンギは会長の遺言により、実家に住み、さらに会社を継ぐことに。
ジュラン母は恨めしそうですが、しょうがないって感じ?スファンの離婚の意志は固いですが、まだジュラン粘ってます。
ちなみにミソは、養子だったことが今回判明。
スファンはミソを本当の娘だと思い、愛してきたみたいだけど、この場合、子は鎹(かすがい)にはならず。
離婚は決定的ですが、ジュランの怒りの矛先はインジョンに向きます。

そしてある日、スファン、ジュラン、ヨンギ。それぞれが港町のインジョンの所に向かいます。

@砂浜。
ジュランはインジョンに「見えないところに消えろ!」と。

ジ 「あんたが本当に私の弟、カン・ヨンギを愛してるのなら、(私に)言われる前に入水自殺でも薬を飲んででも
   いなくなるべきよ!なぜ図々しく息をしてられるの!」
イ 「死んだように生きてるんだから、私を放っておいて」
ジ 「始めからあんたが私の夫を誘惑しなければ、こんなことにはなってなかった!」
イ 「その代償はもう払ったわ。私を刺激しないで!…イ・スファンがあなたを愛さない訳が分かった」
ジ 「何ですって!言ってみなさいよ!」
イ 「言うからよぉく聞きなさい!あんたはその浅はかさのせいで、イ・スファンに愛されないのよ!そんなに
   失いたくないなら、すがってみなさいよ!」

ここまででもずい分すごいセリフなのに、この後インジョンの決定打が。

「自分の姿を見て見なさいよ!安物みたいな、あんたの姿!」

ジュラン「殺す!」ってインジョンに掴みかかり…それをスファンが止めに入ります。
それを遠くから見ていたヨンギ。


次回へ


なんか笑えてきちゃうけど、このドラマこれでいいの?特に最後の方なんて、火サスっぽくて。
人間関係はドロドロなんだけど、みんなでで吠えててイマイチ暗くなんない。
それにしてもヒロインのはずのインジョンが悪女に見えるなー…逆に素直で直情型のジュランがなんか可愛く
見えてきたりして(汗)
インジョンの「安い姿」っていうセリフに無限挑戦の「安い兄貴」の顔が浮かんでしまった(爆)

今回、意味の通りやすさを第一にセリフの意訳が多いです。ご了承を。
TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/333-28370c9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。