上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.26 黄金花嫁 #44
golden38.jpg

ボクリョ先生に、トック作りを習いたいと再び言い出したジヨン。
でも彼女は、以前に先生に断られたとき「トックなんて誰が作っても同じだ」なんて失礼なことを言ったんです。
先生はそんな彼女に教えようという気持ちは当然ありません。
ヨンミンに電話して、帰ろうとしないジヨンを連れ出させます。

ジヨンの行動の意味が???です。今さら会社のプロジェクト成功させてどうするの?少なくとも会社にいられるから?
ヨンミンの気持ちは、ジヨンがどうあがいても変わりそうにないけど。

妻・チンジュがお世話になってるお礼をしなきゃ、ということでそこにジュヌがやってきます。
ヨンミンはジヨンを置いて、その場を去り…残ったジヨンは、またジュヌに悪態を。
「あなたの望んだとおりになった?でも絶対に1人でなんか地獄に落ちないわ」

ジヨンて、ここまできても我が身を振り返るということが出来てないんだよね。悪かったと謝ってる時は本心なんだろうけど、あくまで瞬間的。
基本「私は悪くない。自分も被害者」っていう意識なんですね。だから謝罪が受け入れられないと、すぐにキレて悪態ついて、自分で状況悪化させてるのにそれに気がつかない。
で、さらにそれを人のせいにして……って悪循環ですね。


チンジュはトック作りも大分習得したようで、ボクリョ先生はチンジュを後継者(トック作りの継承者って感じ?
全然違うかも)にするつもりらしい。
挨拶にきたジュヌにも好意を持ったみたいです。
ジュヌが先生に贈った花はシンビジウム。花言葉は貴婦人だそうで、先生ご満悦~(笑)ジュヌの礼儀正しい態度に、
チンジュへの思いやりを感じたのね。

それにしてもチンジュとジュヌのラブラブはなかなかのものです。
夜、旦那様の寝顔を見つめているチンジュ。
なぜなら、お医者さんに妊娠中は美しいものをたくさん見た方がお腹の子に良いから。はいはい(笑)

ヨンス&セミにお金の援助を求められたウォンミ&ドング。
で、お金のない夫婦は、ドング母が寝てる間にへそくりをちょっと拝借…しようと思いましたが、見つかって失敗。
結局ウォンミが大事なバイオリンを売ったのね。
そのお金を駆け落ちカップルに渡して、絶対に別れちゃ駄目だというウォンミ。
セミの家族はもう反対していないと知って、喜ぶヨンスです。

しかーし。
その頃オッキョンは以前ハンスクが言っていた、ヨンスとセミの結婚が駄目な「別の理由」が再び気になりだします。
つまりはジヨンの過去、なんだけど…オッキョンに訊かれ、ハンスク言っちゃうのか!?言っちゃえばいーのに(爆)
と思いきや、やっぱり言いません。
オッキョンは「別の理由」を話すまで、ヨンスとセミの結婚は許すことができないって。

一方、父親同士の対面です。ウナムはソンイルに、2人の結婚を許してくれるよう、再考を頼みます。
娘への愛情溢れるウナムの姿を見るにつけ、ソンイルは複雑でしょうねぇ
。でも同情はしませんよー


また別の日。
ジヨンはまだボクリョ先生の元に押しかけ続け…勝手にエプロンして教室に入り込み習おうとしたり。
先生はそんな彼女を追い出しますが、それでも食い下がり、今度は庭で座り込み。
で、急な雨に打たれて、倒れ病院行き~
どこまでも人に迷惑をかける女だ。

ジュヌはチンジュから、ジヨンがボクリョ先生の所で起こした騒動を聞き、寝つかれません。
責任を感じてるのかしらね。ジュヌはなんにも悪くないのにー
そんな旦那様にチンジュは質問。
チ 「男の人は初恋を忘れられずに、お墓まで持って行くって、本当?」
ジ 「僕が、彼女を忘れられないようで気になる?」
チ 「…」
ジ 「そうじゃなくて…セミのこともそうだし、彼女との縁は簡単に切れそうにない」

また巻き込まれそうで…と言うジュヌにチンジュ「そんなの関係ない」と。
チ 「前に言ったでしょ?あの人を憎まないって。彼女のおかげでアジュシに会えた。アジュシを愛してるから、
   アジュシの過去も大切です」
ジ 「チンジュssi…僕の初恋が誰だか知ってる?」
チ 「…?」
ジ 「君だよ」

ジヨンとつきあってたときの自分は、誰かを愛してるという自分自信が好きで楽しかっただけ。でも今は、愛が何か、愛はどうやってするものなのかチンジュのおかげで分かったんだ、と。


ジヨン母はヨンミンに、離婚を思いとどまるように言いますが無駄。
そしてジヨンは会うように言われていた弁護士のところへ。


次回へ


これでジヨンが簡単に離婚に応じるとは思いません。なんか変な条件提示でもしそうな雰囲気です。
それにしてもジヨン母がどーして、あんなに強気なのか…理解できません。
Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/329-4f84ff05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。