上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.20 黄金花嫁 #43
ヨンミンにジュヌとの過去を追及されるジヨン。
まだ悪あがきするんだよな~…ジュヌをシカゴで留置所送りにしたのは認めておいて、ジュヌが自分に執着して
勝手にシカゴまで追ってきた(つまりつきあってはいない)とか言うとる(怒)
でも、ヨンミンはもうジヨンの言うことを信じません。
部屋を出て行くヨンミン。
で、どーしたらいいの!!!状態のジヨンは、なぜかジュヌに電話。この行動がもう意味不明。
そこでジュヌに文句言ってなんか変わるわけ?
ジュヌは事態を知らないし、会いたくもないということで電話をきります。そしたらジュヌの会社まで車を飛ばす…
これをヨンミンが尾行。

ジュヌの会社に押しかけたジヨンは、一方的にジュヌを責めます。
もうジュヌが復讐したくてヨンミンに写真を送りつけたと決め付けてる。しかも外でヨンミンが立ち聞きしてるとは知らず、
ジュヌとつきあってて、苦しめたのも、病気にしたのも自分だって認めるような発言まで。
あ、でも決して反省してるわけじゃないみたいです。
そのあと
「私はなにも悪くない。あんな状況なら誰でも、私と同じ選択をするのに、どうして私が苦しめられるのー!!!」って。
さらにさらに、まだヨンミンが疑いを持ったままだから、ジュヌから、自分が追い回してただけだ(つまりジヨンに非はない)と言え、と。

ジュヌは憤り、「写真のことなんて知らないし、夫婦で解決しろ。二度と巻き込むな」と、会議室を出ようとします。
するとそこにはヨンミンが立っていて…
「お前の口から、嘘ではなく真実を聞きたかった。…なにが本当か分かったことをありがたく思うよ」
呆然としつつ、ヨンミンを追いかけたジヨンですが、もう彼は何も聞いてくれず、行ってしまいます。
心配して(だと思うんだけど)追ってきたジュヌに、ジヨンはまだ言います。
「全部あんたのせいよ。あんたがいなければ、あんたに会わなきゃ、こんなことにならなかった!
 許さない。…絶対に許さない!」

利己的なジヨンの姿を見たこともショックだったんでしょうが、ヨンミンにとってなにが辛いかって、ジヨンに結婚を「選択」だと言われたことでしょう。愛じゃなくて、選択。
車で1人涙を流すヨンミン…

ジュヌは優しいんだよなー
ジヨンとヨンミンが悪い方に進むのは望まないと、チンジュに話します。チンジュは凹み気味の旦那さまを励ます。

翌朝の食卓で、チンジュのお腹の赤ちゃんが男の子女の子どっちか、という話で盛り上がる家族。
ウナムじいちゃん(笑)は、チンジュとジュヌが眠る家の上に雹(ひょう)が降ってきて、屋根が真っ白になる夢を見た、
と言い…ハンスクばあちゃん(笑)は「それは息子だってことよ!」って。
セミを心配して暗かった家族に少し明るさが戻りましたね~

チンジュと一緒に産婦人科の定期健診に行ったジュヌ。
その帰りにべトナム料理店に行き…なんとなく遠慮してたくさん食べようとしないチンジュに言います。
ちゃんと食べたいものを食べないと、子供が片目になっちゃうって。当然嘘なんだけど、信じたチンジュはククスをもりもり食べて、ゴイクン(生春巻き)も追加。
そんな騙されやすい奥さんを可愛く思うジュヌでした(笑)

さて、ここでヨンスとセミですが…
ソンイルの指示でカードが使えなくなったのかな?お金のあてがなくなって、ウォンミ&ドングに電話してきます。
で、4人で会う。
ウォンミはセミを引きずってでも家に帰す勢いですが、セミは泣いて、味方になってとお願いします。
うーん?お金は結局貸したのかなぁ。2人で暮らすつもりですね。
ウォンミは結局折れたのね。実家にヨンスからの手紙を持っていきます。実際に会ったことも皆には内緒。
ヨンスからの手紙にはこんな騒ぎになってしまった謝罪と、それでも自分が駆け落ちなんてしたのは、セミと別れることができないという意志を表明したかったからで…という想いが書かれていて…
これにはハンスクの心も動くわけですよ。
オッキョンにも手紙を見せて、自分は2人の結婚に反対しないと言います。
ここに来て、ちょっとオッキョン&ハンスクに歩み寄りが見えてきました。悪いことばっかりじゃないですね~
ヨンスが心配で、腹も立つし…とかなり疲れているオッキョンの気持ちは、同じ母親として分かるんでしょうね。
それに伴ない、いよいよソンイルの窮地が近づいて来てます。
これ以上強硬にヨンスとセミのことを反対すると、オッキョンに怪しまれちゃうからね。
さて、どう出るか…

ある日、ヨンミンはジヨンを呼び出し、3つのことを話します。
1つ、両親には自分が打ちあけるまで何も言わないこと。
2つ、会社の仕事からすぐに手を引くこと。
3つ、今週末、キム弁護士に会い、離婚問題の話をすること。

ジヨンまたもすがります。
「こんなふうに終わるのはイヤよ!あなたと私がどれだけの一緒にいたと…そんなに簡単に別れられるの?
 あなたは…私を愛してるんじゃないの?私は出来ない!出来ないわ!」
ヨンミンの反撃。
「いいや。君は出来るさ。カン・ジュヌにしたように。そうすればいい」

ヨンミンはとにかく早くジヨンと別れたいのかな。弁護士に電話し、ジヨンの出す条件は全部飲むように言う。

ジヨンとは真逆に幸せいっぱいのチンジュ。早々に赤ちゃんの名前を考えてますね。
ビョル(星)ちゃんとか言ってたかな?

翌日、チンジュがボクリョ先生の授業を受けているところに、ジヨンがやってきます。


次回へ


ここに来て急にヨンミンが可哀そうになってきた。
ジヨンてなんで人を巻き込むんだろう。今度はボクリョハルモニまで?自分で解決できないと、全部人のせいにして
「許さない!」とか、もううんざりなんですけど…っていつも言ってるよね、私。
TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/326-a088e11e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。