上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.07 18・29~妻が突然18才?~ #13
ヌンは、一緒にワルツを踊った公園で待っているので来てください、と言い、収録は終わります。
ヘチャンはテレビ局で編集をしたりしながら、思い悩むんですが、公園に行きません。

夜になっても、公園で待ち続けるヌンのところに行ったのはボンマンでした。
自分達は本当に愛しあって信頼しているから、結婚した。だからこれ以上へチャンを煩わせるな、
とヌンに言うんですが、一途で頑固なヌンは、ボンマンがなにを言っても聞く耳を持たず。

帰宅したヘチャンはヌンにメールをします。
<まだ待ってるの?私は行けないから家に帰って>
ヌンからの返信は
<来るまで待ってるよ>

ボンマンは、ヌンを心配して浮かない表情をしているヘチャンに怒るでもなく静かに、
「行きたいなら、行けばいい」と言います。
雨が降ってきてしまい、傘を持って公園に行くヘチャンですが、2人組の片割がいて、結局引き返します。

ヌンは一晩中待っていたらしく、具合を悪くしていると2人組に聞いたヘチャンですが、会いに行くことはやっぱりしちゃいけない、と思ってるのね。

ボンマンは表立って怒っているわけではないんだけど、ヘチャンがヌンを気にしているし、テレビで撮影した番組が流れたりして、不機嫌です。ヘチャンは舞台の仕事で疲れているボンマンにきゅうりパックをしてあげようとしますが、ボンマンは素直に喜べません。
今度はヘチャンがヤケ酒。
強いお酒にむせるヘチャンのために、ボンマンは昔ヘチャンが作ってくれた胡瓜酒(?)を作ってあげて、
一緒に飲みます。

ヌンは番組で一躍人気者になり、番組の続編というか、決勝戦の制作で連絡を受け、テレビ局に行きます。
そこでヘチャンと会い、話をします。

ヘ 「本当にごめんね。傷つけたくはなかったの」
ヌ 「僕もそうしたかったよ。もしできるなら、傷つきたくはなかったよ!でも難しい…心は思い通りにはならなくて…
   ヌナ、せめて以前のように戻ることはできない?」
ヘ 「できないわ。あなたが良くしてくれたことには感謝してる。でも」
ヌ 「聞きたくない!やめて」

2人が話してるところを、(久々登場の)記者が目撃しちゃいます。そのことをジヨンに言ったりするから、
またジヨンなんか企んでそう…

てゆーか、このジヨンの変貌ぶりはなにさ。最初は、ボンマンが好きだけど友達だからヘチャンのことも心配してるって感じだったのに、あれはまんま猫かぶってたってこと?もう自分のことしか考えてないね。ヘチャンをなんとか陥れようと細かい技を駆使。だんだん悪役っぽい表情になってきて、今は見るのもイヤ。

ボンギュがへウォンを交際相手としてハラボジに紹介する、というので実家に帰ったボンマンとヘチャン。
ハラボジはボンギュの相手が義理とはいえ親戚のへウォンだと知って激怒!結局話も聞いてもらえない。

一方、ボンマンのオモニが韓国での映画祭のために帰国しますが、ボンマンは関係ないと言って会おうとはしません。
それを知った(でしゃばり)ジヨンは、空港までボンマンオモニを迎えに行き、ボンマンの舞台のチケットを渡します。
オモニは俳優カン・サンヨンが息子のボンマンって知らないのね。
どっかに電話して息子たちの消息を調べています。

ボンマンも本当はオモニに会いたいんですね。オモニの古い写真を見つめていたら、ヘチャンに会いたくなって、
まだテレビ局から戻らないヘチャンに差し入れを持って会いに行きます。
でもそこで見たのはヌンからのメールを嬉しそうに読んでいるヘチャンの姿。
ボンマンはヌンと話をつけるため、会うことにします。待ち合わせの店にボンマンと一緒にヘチャンも現われ、
ヌンは表情を硬くします。
夫婦2人揃って、あきらめてくれって言われたらもうどうしようもないもんね…

ヘチャンの友達だから君は僕にとっても友達だ、というボンマン。さらに舞台のチケットを渡して観に来てほしい。そして、もう2人だけで会うのはやめてほしい、と言いますが、ヌンは出来ない、と答えます。
説得するボンマンですが、ヌンは聞き入れません。

ヌ 「結婚になんの意味が?あなたではヌナを幸せにはできません!」
ボ 「…なんだと?」
それまで黙っていたヘチャンが口を開きます。

「ヌン。私、彼を愛してる。愛してるの」

1829EP13-2.jpg 1829EP13-1.jpg

ヌンはショックで席を立ちます。
舞台の仕事に行くボンマンと、あとで劇場で会う約束をして別れたヘチャン。
自暴自棄になって車道を自転車で無茶苦茶に走らせるヌンを見かけ、あんまりに危なっかしいので、
タクシーで追いかけます。

そのころ開演の近づく劇場には、ボンギュと一緒のへウォン、ジヨンと、それにボンマン&ボンギュのオモニもやって来ています。叔母さんはオモニが来てるのに気がついたみたい。

舞台は始まってしまいますが、ヘチャンはヌンと河原で話をしています。
ただ幸せになってほしい、と言うヌンに謝り、泣くヘチャン。
ヌンが泣かないで、と、肩に手を置いたところを……オモオモオモ!やっぱり写真撮られちゃった!


次回へ


今回の回想シーンはボンマンがプロポーズする場面なんだけど…
なんかヘチャンが妊娠したって言ってるんだよね。でもこれって過去の話でしょ?子供実際いないし、どゆこと?
ヘチャンの勘違いだったのかな?
うーん、最終回までに妊娠するとかいうエピソードも出てきそう、と勝手に予想。

とにかく残すところ3話になりましたー!
オモニのこと、ヌンのこと、ボンギュ&へウォンのこと。(ジヨンはどーでもいい)等々、まだまだ問題山積み。
あ!そもそもヘチャンは記憶喪失なんだよね、忘れてた(爆)
果たして記憶は戻るのか?果たしてまだシウォンくんの出番はあるのか!?←結局そこか、そこなのか?
TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/280-b76c2640
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。