上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.06 18・29~妻が突然18才?~ #1
1829-4.jpg

カン・サンヨン(リュ・スヨン)は新進人気俳優の29歳。
その妻で専業主婦のユ・へチャン(パク・ソニョン)29歳は、女優シン・ジヨン(パク・ウネ)と彼のスキャンダルをきっかけに離婚を決意し、届けを出しに役所へ。

しかしその途中、自動車事故を起こします。
そして病院に運ばれ……
ん?
へチャンの高校時代の回想かな?

高校時代のヘチャンは活発な女の子。同級生で美少年のボンマンとは犬猿の仲、というよりヘチャンがボンマンを嫌ってる。
ボンマンは女の子からもらったプレゼントを捨てるような、冷たく高慢な男の子。

あー!そういうことか。
どうやら、ヘチャンは事故で記憶障害になってしまったようです。精神だけが18歳に戻ってしまう。
病院に駆けつけた夫・サンヨンに「あなた誰ですか?」「おじさん誰?」って。
からかわれていると思ったサンヨンは怒ります。
「いくら名前を忘れたいからって、夫の顔まで忘れたのか!?」
そこにやってきた妹のことも分からないみたい。

―あくまで、忘れたんじゃなくて、記憶が逆行してるってことらしい。
今の妹を見ても、誰か分かんないってこと。

へウォン=ヘチャン妹(チョ・ウンジ)は、離婚するんだから自分がヘチャンの世話をする、といいますが、サンヨンはまだ離婚していないから、自分に責任がある、と。
サンヨンが病院で入院手続きの書類にサインをしていますが、そこには「カン・ボンマン」と書きます。
……納得、そういうことか。
高校のとき嫌っていたボンマン=サンヨン。サンヨンは芸名です。

あははー。
なかなか面白いよ。このドラマ。

ヘチャンはサンヨンがマネージャーと電話するのを聞いて(物騒な言葉を使っているので)「もしやギャング!?」とか妄想します。自分がサンヨンに生き埋めにされる想像したりして、
ヘチャン病院から逃走!
サンヨン追いかけますが、街中に入るとたちまちファンに見つかって、大勢に追いかけられるハメに。

ヘチャンはバスに乗って、高校に行きます。自分のこと18歳だと思ってるからね。
追ってくるサンヨンから逃げるのを手伝ってくれた男子高校生・ヌン
ヘチャンはなんと!体育の授業を受けてるよ。当然現役高校生や先生は「あれ誰だ、転校生か?」って。

昔から学校にいる先生は、名乗ったヘチャンに「ユ・ヘチャン?あの遅刻魔の?」と思い出した様子。「でもなんでここに?」
あらあら、先生に保護されました。

サンヨンはヘチャンを一生懸命探しまわります。

こんなに一生懸命探すのは、愛情があるからでしょーか。それとも更なるスキャンダルを避けるため?
ヘチャンは自分の家に帰りますが、時が経ち、もうそこは他人の家。
オモ、警察に突き出されちゃった。
そこサンヨンとへウォンが迎えに来て、無理やり連れて帰ります。あ、記者がそれを目撃。

まだヘチャンに起こったことが信じられないサンヨンとへウォンは、彼女を問い詰めて泣かせちゃいます。
へチャン「私のヘウォンはもっと鼻が低くて、小さい目をしてるの!」
へウォン「去年のボーナスで整形したのよ!」って(笑)

なんとか家に着いたヘチャン一行。
サンヨンはあとをへウォンに任せて仕事に戻ります。(撮影を抜けてきてたんです)
へウォンはヘチャンに言って聞かせます。
「姉さんは結婚してるし、29歳よ!」
そこで初めて鏡を見て、へチャン悲鳴!

一方撮影現場に戻ったサンヨン。
監督は現場に穴をあけたサンヨンに怒り心頭でしたが、共演の女優で現在のスキャンダルの相手、
ジヨン(この子さらに、へチャンとも友人みたい)がかばってくれたこともあり、なんとか事なきを得ます。

仕事を終え、帰宅したサンヨン。
サンヨンハラボジ(サンヨンもへウォンもこのおじいさんを「独裁者」って呼んでます。強烈な人なのね)が、サンヨン弟のボンギュ(イ・サンウ)と一緒に、サンヨン宅にむかっています。

ボンギュは話せないのかな?手話を使ってるし、サンヨンも手話で彼と話しています。
ハラボジとサンヨンにはなにか確執があるみたいね。彼が俳優をしていることが気に入らないのかな。
寝ている(フリなんだけど)ヘチャンを見て、ハラボジ帰っちゃいます。
一方、ハラボジがサンヨンのことを「ボンマン」と呼んだことで、自分が結婚したのが、天敵のカン・ボンマンだと知ったヘチャン。
「私が…カン・ボンマンと結婚!?」

そしてまた高校時代の回想へ。
あ~やっぱりこの高校生のボンマンやってる子かっこいいな。
ヘチャンは嫌ってたけど、ボンマンはヘチャンのこと憎からず思ってたのかな…?


次回へ

1話はかなり面白かった!
このままコメディー道を突き進んで欲しいです。

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/241-952a2d21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。