上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.22 Tabloの『家』を訳してみた。
こんなに悲しい歌は初めて聞きました。訳しながら嗚咽しそうになった。まじ。
ぶろ帰ってきてくれて本当にありがとう。
※拙い意訳です。間違いもあると思います。

チブ
(feat. 이소라)


~타블로(Tablo)






ムントグン ノモソミョン オジロウォ
문턱은 넘어서면 어지러워
玄関を越えれば目まいがする

ネゲ ピョナン ナエ ギョンゲソニオソ
내게 편한 나의 경계선이어서
僕には居心地のいい僕の境界線だから

シムジャンマン オジロッピョ チウォドゥン
심장만 어지럽혀 치워둔
心臓だけ散らかして 片付けておいた

スルモオンヌン ガムジョンウン モンジ ドピョ
쓸모없는 감정은 먼지 덮여
役立たずな感情は 埃をかぶって

ヨギル ボソナミョン ジュグム
여길 벗어나면 죽음.
ここを抜け出せば死

イクスッカン スルプムボダ ナッソンヘンボギ ド シロソ
익숙한 슬픔보다 낯선 행복이 더 싫어서
慣れた悲しみより 見慣れない幸せがもっと嫌で

コルウム ボリン ナ ホンシンバリ デッカマン コビナ
걸음 버린 나 헌신발이 될까만 겁이나
歩みを捨てた僕 古い靴になるかだけが怖い

セサン セウォル サラム ナル ッコッコ シノソ
세상, 세월, 사람 날 꺾어 신어서.
世間 歳月 人 僕を折って履いて

イッコ イッソ
잊고 있어
忘れている

ムン アペ スボギ サイン シンムングァ ゴジソチョロム
문 앞에 수북이 쌓인 신문과 고지서처럼
扉の前にうず高く積まれた新聞と告知書のように 

ナワ サングァンオンヌン セサンエ センガッ ヨグドゥル ネ アペ ヌロノッチ マ
나와 상관없는 세상의 생각, 요구들 내 앞에 늘어놓지 마
僕と関係ない世間の考え 要求を 僕の前に散らかしておくな

This is my home. Leave me alone.

ヨギマヌン ドゥロオジ マ
여기만은 들어오지 마
ここにだけは入ってくるな

イジェン ヌンムル オプシド ウンダ
이젠 눈물 없이도 운다.
もう涙なしでも泣く

クジョ スム シィドゥシ ット ウンダ
그저 숨 쉬듯이 또 운다.
ただ息をするように また 泣く

チビ デオボリン スルプムル
집이 되어버린 슬픔을
家になってしまった悲しみを

ハン ゴルム ボソナリョ ヘド ムンドゲソ ウンダ
한 걸음 벗어나려 해도 문턱에서 운다
一歩抜け出そうとしても 玄関で泣く

ナド モルゲ ウンダ
나도 모르게 운다.
我知らず泣く


ネゲ ヘンボッカル チャギョギ イッスッカ
내게 행복할 자격 있을까?
僕に幸せになる資格があるだろうか

ナン ウェ ヤトゥン サンチョ ソゲド キピ ッパジョイッスッカ
난 왜 얕은 상처 속에도 깊이 빠져있을까?
僕は何故 浅い傷の中にも深く陥ってるんだろうか

サヌン ゴン ヌグエゲナ ファサルセレジマン
사는 건 누구에게나 화살세례지만
生きることは誰にでも矢の洗礼だけど

ナマン ウェ マウメ ダルラブトゥン クァニョギ クッカ
나만 왜 마음에 달라붙은 과녁이 클까?
僕だけ何故心にくっついた的(まと)が大きいんだろうか

カムジョンイ グックァ グッ ダルリゴ コルウム ヌリン ナン
감정이 극과 극 달리고, 걸음 느린 난
感情は極と極を走り 歩みが遅い僕

ティットロジョ スム マッキゴ ネ マムル モッ チィオ
뒤떨어져 숨 막히고 내 맘을 못 쥐어
後れて息が詰まって 自分の心を掌握できない

セサンウル ノッチョ ミョッ コルム ウィ ヘンボギンデ
세상을 놓쳐. 몇 걸음 위 행복인데
世間を無くして 数歩 上は幸福なのに

ススロ ハンダンッシッ ゲダヌル ノピョ ヌグエゲン ドゥリョウン イル
스스로 한단씩 계단을 높여. 누구에겐 두려운 일
自ら一段づつ 階段を高くして 誰にも怖いこと

ハジマン ネゲン ウスムボダ ジャヨンスロウン イル
하지만 내겐 웃음보다 자연스러운 일
でも僕には笑うより 自然なこと

サラミ ウンダヌン ゴッスン チャムルスロッ ギルゲ ネベッゲマン デヌン
사람이 운다는 것은 참을수록 길게 내뱉게만 되는
人が泣くということは 我慢するほどに長く吐き出すようになる

クジョ クロン スム ガトゥン イル
그저 그런 숨 같은 일. Let me breathe
ただ そういう呼吸のようなこと

スルプミ ネ チビジャナ モムレ ナン チェジャリエ
슬픔이 내 집이잖아. 머물래 난, 제자리에
悲しみが僕の家じゃないか 留まるよ 僕は 元の場所に

チャムシ ヘンボッ ソグロ ウェチュレド バンドゥシ クィガハル マウミン ゴル イジェン アルギエ
잠시 행복 속으로 외출해도 반드시 귀가할 마음인 걸 이젠 알기에.
しばし幸福の中へ外出しても 必ず帰宅するつもりだと もう分かっているから

イジェン ヌンムル オプシド ウンダ
이젠 눈물 없이도 운다.
もう涙なしでも泣く

クジョ スム シィドシ ット ウンダ
그저 숨 쉬듯이 또 운다.
ただ息をするように また泣く

チビ デオボリン スルプムル
집이 되어버린 슬픔을
家になってしまった悲しみを

ハン ゴルム ボソナリョ ヘド ムントゲソ ウンダ
한 걸음 벗어나려 해도 문턱에서 운다.
一歩抜け出そうとしても 玄関で泣く

ナド モルゲ ウンダ
나도 모르게 운다.
我知らず泣く

チビ デオボリン ネ スルプム ソゲ グデル
집이 되어버린 내 슬픔 속에 그댈.
家になってしまった僕の悲しみの中に君を

チビ デオボリン ネ スルプム ソゲ グデル チョデヘド テッカ
집이 되어버린 내 슬픔 속에 그댈 초대해도 될까?
家になってしまった悲しみの中に 君を招待してもいいだろうか 

イジェン ヌンムル オプシド ウンダ
이젠 눈물 없이도 운다
もう涙なしでも 泣く

クジョ スム シィドゥシ ット ウンダ
그저 숨 쉬듯이 또 운다
ただ息をするように また泣く

チビ デオボリン スルプムル
집이 되어버린 슬픔을
家になってしまった悲しみを

ハン ゴルム ボソナリョ ヘド ムントゲソ ウンダ
한 걸음 벗어나려 해도 문턱에서 운다.
一歩抜け出そうとしても 玄関で泣く

ナド モルゲ ウンダ
나도 모르게 운다
我知らず泣く




TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/1140-c7a1d4f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。