上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.18 『イタズラなKiss』付録~ウンジョの日記~その3
今回もウン日記。ウンジョ可愛い❤


ud3-1.jpg

お兄ちゃんの働いてるペンションに遊びにきた。
馬鹿オ・ハニがやたら一緒に行こうと誘うから。
でも僕もお兄ちゃんに会いたかったから、嫌なふりをしながらついてきた。
僕は高い男だからな。

別のお兄さんが僕らにゲームをしようと言った。
山の中でサバイバルしてスタンプを押してくるんだそうだ。
僕は馬鹿オ・ハニとペアになった。チッ!キレイなお姉さんと行きたかったのに。

暗い山の中をさまよって、迷子になった。
どこかから獣の鳴く声も聞こえてきて
馬鹿オ・ハニがあんまり怖いとぶるぶる震えるから
僕は怖いとも言えずに、一生懸命オ・ハニを守ってやった。
自分は大人のくせに、僕よりも背も大きいくせに~!
馬鹿オ・ハニ~!

だんだん陽が落ちてきて、寒いと震えるオ・ハニ。
馬鹿オ・ハニは何も準備してこなかったが、僕はボーイスカウトで習ったとおり
毛布とおやつと、食べるものも準備してきた。
オ・ハニは本当に嬉しそうだ。

でも僕は、最近僕も少し変だ。
オ・ハニを守ってやりたい。
何もしなくても、いじめる声がだんだん小さくなった。

うちの家族皆、だんだんオ・ハニ中毒になっていってるのか?


ud3-2.jpg

今朝は、昆虫採集をしようと早起きして出かけた。
でもオ・ハニはもう日が昇ってずい分経つのに、ベンチで居眠りしてた。
本当にどうしようもない寝ぼすけだ。

驚かせてやろうと、こっそり近づいた。ん?お兄ちゃんが来た。
お兄ちゃんも馬鹿オ・ハニを驚かすみたいだと、じっとしてたけど
お兄ちゃんはそっとオ・ハニの隣に座ったかと思ったら、オ・ハニに急にキスした。

え…え…?僕は驚いて何も言えずに眺めていた。
お兄ちゃんが馬鹿オ・ハニを好きだってこと?
僕の予感は当たってたってこと?

オ・ハニがくれたフォークを眺めて、ずっとニコニコしてたお兄ちゃんを思い出した。
ミュージカルを観に行った夜にも、お兄ちゃんはずっと笑ってた。
本当なんだ。お兄ちゃんは馬鹿オ・ハニを好きなんだ!!!
馬鹿オ・ハニは何も知らないまま、ぐうぐう寝ていた。

馬鹿。目を開ければ本当に喜ぶだろうに…
鈍感、オ・ハニ。


ud3-3.jpg

お父さんが心臓の病気で、病院に入院したから、お母さんも家にいない。
オ・ハニは最近水を得た魚のようだ。
毎朝自分が新妻にでもなったように
お兄ちゃんに“いってらっしゃい~!”と大声を出して、お兄ちゃんが帰ってくれば
上着を受け取って、お風呂のお湯も張っておいたと言う。
おかしくもない。
自分たちが新婚夫婦だとでも思ってるんだ。

でもお兄ちゃんも変だ。
口では嫌だと言いながら、やめろとは言わない。
お弁当を渡されれば、そのまま受け取って行く。


ud3-4.jpg

馬鹿オ・ハニ!
僕にもそうやって気配りしろよ。
山では僕が守ってやって、毛布も非常食もやっただろう~!
2人して仲のいいふりするから、意地悪したくなった。
お父さんが病院にいるのに、2人で何してんだよ!
からかってやらなきゃな~!

“自称新妻オ・ハニ!僕もいってきます”


ud3-5.jpg

お兄ちゃんが変だ。
前はオ・ハニが作ったものを不味いといじめてたのに
今日も本当に不味くて変だったのに。
何も言わずに全部食べろと言う。
最近2人がおかしい。


ud3-6.jpg

今朝オ・ハニが赤い靴、赤い鞄で、めかしこみまくって
デートで行くんだと言って、早くに出かけた。
デート?
お兄ちゃんはどうなった?
まさかオ・ハニが心変わりを?
数日前まで2人で新婚夫婦ごっこが半端なかったのに
なんで突然そんなことに?
お兄ちゃんに言いつけないとな~~!

“オ・ハニはデートだってさ”
やっぱりお兄ちゃんは苛立った。
読んでいた新聞になんの罪があるのか、新聞に八つ当たりだ。


ud3-7.jpg

オ・ハニがなぜ、お兄ちゃんを差し置いて、他の人とデートをしたのか分かった。
お兄ちゃんがヘラお姉さんと見合いをして、もしかしたら結婚するかもしれないそうだ。
今日はお兄ちゃんもヘラお姉さんとデートだったと言うが、帰ってきて
すごく腹を立ててる様子だ。

ドアノブをぎゅっと握って、何も言わずにしばらく
憂鬱で悲しそうに、何かをぐっと我慢するような顔で立っていた。
あまりに深刻そうに見えて、僕は何も言えなくて寝ているふりをした。

数日前にはオ・ハニの部屋から泣き声が一晩中聞こえてきてたし…
最近沈んだ表情の2人に、僕の心まで沈む。

どういうことだろう。
2人お互いに好きなくせに…


ud3-8.jpg

お母さんは、お兄ちゃんとハニに心を痛めて、しきりに泣く。お母さんが泣くと僕も憂鬱だ。
解決策は僕だけが知っている。でもどうしよう。お兄ちゃんは秘密だって言ったのに…
でも僕はお母さんが泣くのは嫌だ。ちょっとだけ教えてあげないと!

“好きだよ。お兄ちゃんはオ・ハニが好きだから、お母さん泣かないで”


ud3-9.jpg

でもお兄ちゃんはどうして他の女の人と結婚するって言うんだろう。

“お兄ちゃん!本当にあのお姉さんと結婚するの?”
“美人だろ?お前美人のお姉さん好きじゃないか”
“あのお姉さんが好きなの?”
“そうなるんじゃないかな…このままいけば”

それってまだ好きじゃないってことだろ?
なのにどうしてあのお姉さんと結婚するなんて?


ハニとはキスもしてたじゃないか。
僕は全部見てたのに。本当に好きなのはオ・ハニなくせに…
昨日ハニがデート行って、すごくイライラしてくせに…

“ヘラは俺とお似合いなんだ。美人でテニスも上手いし。
お前も何回か会えば好きになるさ”

なのに、そう言うお兄ちゃんの顔はとても悲しそうに見えた。
声に力がなくて、いつも自信満々だった普段のお兄ちゃんではなかった。
なぜか少し可哀そうに見えた。

大人ってすごく複雑なんだな。好きなのに、好きだと言えなくて
好きじゃない女の人と結婚すると言って…

お母さんがしつこく秘密を聞き出そうとうるさい。
ダメだよ!
お母さん!僕お兄ちゃんと約束したんだってば!


ud3-10.jpg

お兄ちゃんがオ・ハニと結婚する、と言った。
そうなると思ってた。
良かった。
オ・ハニが僕ら家族のためにどれだけ頑張ったか…
僕を二度も救ってくれて…
裏切ったらだめだよ。お兄ちゃん、よく考え直したよ。

家族皆が久しぶりに、家中が明るくなるくらいに心から笑った。


ud3-11.jpg

お兄ちゃんの代わりに僕がお父さんの会社を継ぐと言った。
実を言うとお兄ちゃんはあんまりゲームが好きじゃない。
ゲーム会社の社長がゲームを好きじゃないのに、会社が発展するわけないだろ?

もう新しいゲームのキャラも描いてるんだ。
僕が社長になったら、一生懸命制作して
我が国で、ううん、世界で一番面白いゲームにするんだ。

だからお兄ちゃんは医者になって、ノリの病気を治してあげてよ。
でもお兄ちゃん、なんか馬鹿みたいだぞ。
またずっとへらへら笑ってる。




Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/1079-d68af6bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。