上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.29 『イタズラなKiss』付録~スンジョの日記~その1
企画と名付けてはいますが、ただ公式ページの「スンジョの日記」日本語訳です。その1から、未訳分を順に公開していきます。全部終わるのは数カ月後、という(汗)良かったらお付き合いくださいな^^


sd1-1.jpg


ある日、ある女一人に出会った。

自販機に乱暴にドロップキックを放つ、お転婆だ。

こんな女がいるのかと、不思議ではあったが

特に関心もなく通り過ぎた。

その子からラブレターをもらうまでは…


sd1-2.jpg


は?俺が森の精霊!?

なんとまぁ漫画みたいな話だ。

勉強せずに漫画ばかり読んでいるようだ。

しかも正書法も、分かち書きもまともにできていない。


絶対に我慢ならない。

この俺、完全無欠ペク・スンジョに、こんな低レベルの手紙を書くなんて。

お前、Dマイナス。


思いがけず、皆の前で恥をかくことになってしまった女の子。

少し遺憾ではあった。

あそこまでするつもりはなかったのに。

高3なのに簡単な手紙さえまともに書けないのが情けなくて

ちょっとは目を醒ませという意味だったが…

顔を赤くして泣き顔になってしまったその子が、一瞬気がかりではあったが

次の日、学校で俺がその子を振ったという噂が

稲妻よりも早く広まった。

そのせいで友人たちに、しきりにからかわれた。

なんでもないと答えることも

面、倒、だ。


sd1-3.jpg


こんなことが!あの全校ビリ。オ・ハニが父さんの親友の娘だと。

母さんは水を得た魚のように、ウンジョの部屋の家具を俺の部屋に移して

買い物に駆け回って、女の子のための品物を買ってきた。

いつ寝ていらしたんだ?!


片手にクマを一匹、片手に鞄を提げて

ランランと楽しそうな顔をしていたが、俺の顔を見て、幽霊でも見たかのように

凍りついたオ・ハニ。

お笑いだ。





Secret

TrackBackURL
→http://makaron0519.blog112.fc2.com/tb.php/1032-236e4708
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。